タマスィー

佐久間正英さんプロデュースのアルバム
「ココロに花を」「明日へ向かって走れ 」「愛と夢」

私はこれが初めてエレカシを聞いた曲でもあるので全部好きなのだけど、
今の作品や初期と比べてみると、声に迫力があまりないというか、甘い声というか?歌声が違いますね!
まぁラブソングが多いからってのもあるのかもしれないけど。

愛と夢は特に、あまり歌に魂が込められてない気がして、今の宮本さんの歌声でどれも聴いてみたいなぁなんて思う。

自撰作品集が出た時の宮本さんのネットインタビュー記事でも書いてあったけど

佐久間さんが大衆に聴きやすいように、ソフトにさせたみたいですね~。
で、ちゃんと大ヒットして、世間に知れ渡ったんだからやっぱり凄い。
私もそれで好きになった1人だし!

宮本さんが、こんなの違う!ってヘッドホンを地面に叩きつけたとか有名な話ですが(笑)
やっぱり宮本さんが違和感感じるように、私も違和感感じるなぁ~。
やっぱり魂こもりまくりの歌声こそ宮本浩次!!

なので新年武道館で、愛と夢から2曲も聞けたのはとっても嬉しかった!!



その歌声での思い出なのですが、
私が中学生の頃、悲しみの果てや明日に向かって走れ、風に吹かれてとかをテレビで聞いていて、こりゃぁ素晴らしい~!と思って、「ココロに花を」と「明日に向かって走れ」を2枚借りたのですよ。

そしたら一発目の「ドビッシャー男」でまずびっくり。

しんぶんーよんでー!メシをかーきこんでーー!

声、なんか違う!!(゚o゚;;
そして
「男は侍さ 食わねど高楊枝さ」
というサビにぶったまげ(笑)

ほかにも「昔の侍」とか
またサムライ?!みたいな(笑)

当時の私は、シングルの感じから、もっと叙情的でセンチメンタルな曲ばかりだと思っていたので、
こんな男臭い歌歌う人だったの?!とショックを受けた記憶があります(笑)

あ、そう思うとドビッシャー男なんて太いがなり声で歌ってますねぇ。
だんだん絞られてソフトになっていったって感じかなぁ(笑)

でもちょっと甘い歌声も、あれはあれで好きなんですけどね~!結局(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

C-chan

Author:C-chan
2014年、エレファントカシマシのライブ映像きっかけで急激にファンになりました!
普段は幼き子供2人を育てる母でもあり。
たくさんのエビバデと思いを共有したいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR