FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたへ

宮本さんのお母さんが亡くなっていた話を去年のツアーの頃からMCだったり、テレビだったり、雑誌で聞かれるようになって、それを聞くたび宮本さんのお母さんへの思いに胸を打たれる。

今になってようやく話せるようになったのかな、色々勝手に考えてしまう。



「あなたへ」は、やっぱりお母さんを思って作られたんだと思う。

病気で活動休止からの、復活第一弾作品をこの曲にしたのも、お母さんへの感謝の思いからじゃないかな。

ジャケットは宮本さんのアップ写真。

MVも宮本さんが1人アップで歌っている。

『私はあなたの子です』と、母への思いを捧げているよう。


耳の病気も、もしかしたらお母さんが亡くなったあたりに起こったんじゃないかなと勝手に思ってた。
もちろん疲れもあるだろうけど、精神的なところからきてたのではないかなと。

婦人公論で"最近七回忌を終えた"と言っていて、やっぱり時期的に宮本さんが病気した年だった。

色々合致がいって、納得と同時に、色々な場面の宮本さんを思い出してはその思いを感じて胸が詰まりそうになる。


復活後のさいたまスーパーアリーナでの25周年ライブ。
花道に最初に足を踏み入れた曲は「あなたへ」だった。

そのときに「我慢してたんだぜ」と言いながら花道に出てきた宮本さん。
「あなたへ」を1番最初に花道で歌うために、それより前の曲では一切花道に行かなかった。

それはやっぱりお母さんへの感謝の思いからだったんだと思う。

そしてその後のツアーでも毎回「あなたへ」を歌い続けていたなぁって。


母の死や病気という辛い出来事を経験して、その後出たアルバム「RAINBOW」には弔いも含まれてるんじゃないかなって思ってます。

それらを乗り越えて?いや、抱えて一体となりながら?「RAINBOW」という革命的な曲ができたことはほんとに凄いし、このことがあってからこそできたRAINBOWなんだなと思った。

そしてそれからのエレファントカシマシのうなぎ登りの活躍といい、ドラマのようだね。でもそれはリアルに宮本浩次がもがきながら掴み取っていくストーリーなんだから、凄すぎて感動と尊敬が止まらない。

だから、まだまだ宮本浩次の夢の先を見させてほしいし、この人の生き様を見ていたい。


全部私の勝手な妄想。
野音からずっとエレカシのことばっかり考えてる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごぶさたしてました!

C-chan!
ご無沙汰してました!おぼえてますか?私を。
私は2年くらい前にインスタを始めて、47都道府県ツアーの頃はドップリ♥また、松山、神戸、仙台、富山、玉アリと頭の中には『風の旅人』がずっと流れて旅人となってました♪
チケットなんて要らない~♪と歌わせといて、、、チケット無かったら、ただのストーカーか?!て毎回、自問自答の堂々巡り~♪でありましたが!(笑)

さて、今頃、『あなたへ』へのコメントをお許しください。
C-chanの言葉、響きましたよ。
同感ですよ。
息子を持つ身だからか、何の予備知識なくても、この曲は母上と浩次の言葉のキャッチボールだ!と思ってました。

あの日、あの花道にツツツと駆け寄り歌った、初めての曲だったのですね。鋭い!
私はあのジャケットを羽織りながら『幼い頃の 可愛がられた頃の。。。』と語った時に既にお母さんを傍に感じてたのでは?なんて深読み、いえ、きっとそうだ!と思うほどに何度見てもグッとくるシーンです。

その後のRAINBOWを作り出したあの力量、全国ツアー、紅白。。。どれもこれも母ちゃんに誉めてもらいたい!少年の心が根底にあるようです。
若かりし頃の『俺の中の宇宙』で垣間見えたお母さんとの時間に想いを馳せました。

野音、私は去年に続き、外聴きでしたよー!Destinyあたりからあれ??とヒヤヒヤ、ドキドキ、声が気になって。
でも、大勢の人が居る外聴きながら、雨音と共に聞こえてくるミヤジの声をみんな心一つにして聴き入り。
冷たい雨に濡れて、誰一人とも言葉を交わしていないのに温かな空気に包まれた時間でした。
エレファントカシマシ、宮本浩次をみんな大好きなんだ!て単純に当たり前のことに感動していました。

ではでは!また!お邪魔しました~♪



江戸丸さんへ

わぁご無沙汰しています!!もちろん覚えてるに決まってますよ~!
こちらこそ、ほぼ更新のないこのブログを覚えててくださって嬉しい限りですー。

ライブ、地方にたくさん行かれてたんですねぇ。私は首都圏のみなので羨ましい!

私は江戸丸さんから赤羽でのお話聞いたときから、やっぱり「あなたへ」は母への歌なんだって思いました。
そうそう「幼い頃に褒められたこと」のMCってお母さんの話ですもんね。
こんな後々になって色々しっくりきて、心がぎゅうっとしてしまいました。
俺の中の宇宙や、地元の朝や、生きてる証なんかも、今聞くとグッときますね。
WAKEUPツアーで発売された写真集でその当時のこと結構詳細に語っていたので、やっと人に語れるようになったんだなと少しほっとしましたよ。
宮本さんもツアーで喉復活とまでいってなかったと思うので、夏の間はフェス続くけどしっかり休養してほしいですねー!
長く長く歌ってほしいです!
プロフィール

C-chan

Author:C-chan
2014年、エレファントカシマシのライブ映像きっかけで急激にファンになりました!
普段は幼き子供2人を育てる母でもあり。
たくさんのエビバデと思いを共有したいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。