スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年6月18日神奈川県民ホール 30th ANNIVERSARY TOUR 2017 ”THE FIGHTING MAN”

北とぴあホールでのライブから約2ヶ月、神奈川県民ホールへ行ってきました!

神奈川はわが地元!(私はもっと田舎住みですが )

今まで行ったライブは全て宮本さんのお膝元、トーキョーでしたので
たとえ東京のお隣と近くても、神奈川にエレカシが来てくれるというのは興奮しました!


前回エレカシが来たのは悪魔ツアーの時だと思うので、かなり久しぶりだったんですね~!


いつもは1時間以上かけて東京へ出向いていたけど、今回は近いのも嬉しい。

こんな馴染みの場所にエレカシが来る!っていう嬉しさ。

全国のエレカシファンがそうやって地元にエレカシが来ることを喜べるんだと思うと、全国ツアーって凄い贈り物だなぁ!



さてこの日は梅雨ドンピシャで雨。
しかもかなりの雨!!


折りたたみ傘しか持ってなかった私は会場までの道ですでにビッショビショになりました。。
エレカシ晴れ男説信じすぎた…。

海に近いから風も強くて、県民ホール前で傘吹き飛ばされそうになりましたから。


エレカシは電車で来るの?車で来るの?なんて気になりつつも、入り待ちとかとくにせず、
14時半からの物販の列に20分前くらいから並ぶ。

ご当地Tシャツを買うために!!

あの前面でかでか「エレカシ」の文字のデザインに、当初は「買うわけねぇー!!」と
見向きもしてなかったんですが、
全国各地の色とりどりのご当地Tシャツの発表を見るたびに、だんだんかわいく思えてくる不思議…

そしてうらやましいと思う心…。

というわけで、わが地元に来た記念!ということでスカイブルーな神奈川Tシャツゲーッツ!!




以前に買った「白シャツTシャツ」がMサイズで私的にはしっくりきていたので、今回も特に見本を合わせてみたりせず、迷わずMサイズを買ったなら、デカーーイ!!!
一回りでかい!!

Tシャツによっても大きさって違うものなのね・・・。
ひとつ学びました。


グッズ買ったらその流れでご当地ハンコの列へ並ぶ。
私は朱印帳なしなので、チケット押印の列へ。

チケットに押せるのはご当地ハンコのみ!

朱印帳だとエレカシのハンコ2種とご当地ハンコの3種類押せます!

チケット押印の列の方が当然スムーズに進んですぐに押せました。


ランドマーク!コンチネンタル!観覧車!

朱印帳列は倍以上並んでたかな~。


全国ツアーのスタート地、大阪城ホールのときは、何でもどこにでも押し放題だったのに、いまや厳しい制限ついちゃってますなあぁ~。


でも、北とぴあのときなんて長蛇過ぎて私は押せなかったし、これもスムーズに皆が押せるようにするための策なんでしょね。


あ、でも16時くらいになって物販もハンコも一旦終わりになってました(入場後、ライブ後にまた再開)
でも入場後は開場から開演まで30分しかないから、並んでその間に押せるかも分からないし
確実に押したい&買いたいならやっぱり早めに来るのが良いかと思いました!


ぶかぶか神奈川Tに着替え、いざ出陣!



今回私は1階13列目ミッキーの前あたり、というなかなかな良席だったのですが、私の目のコンディションが悪くてちょっとぼやけてた(涙)
ちきしょ~!

でも県民ホールは広いので、北とぴあ16列目の時とあまり距離が変わらなかったような。

そしてついに始まるよ~~~!!!


登場したメンバー。

宮本さん、今日ネクタイしてないよ!
あれ、もうブーム去ったのかな?


宮本さんが成ちゃんに指差し指示し、始まった「歴史」

他の会場では手拍子が沸き起こったって聞いたけど、今回は起きず。

なくてよかった~と思いながらも(笑)
エレカシの演奏にじっと聞き入りました。

トミのドラムが入ってくるあたりから、もう鳥肌どわ~~って出るくらい、演奏の迫力と宮本さんの歌声に感動。

カッコイイ!!!

「生き様だーー!」のところは、もう何回聞いてもすっごい鳥肌立つ。



「今はここが真ん中さ!」のイントロが始まると
宮本さんが「神奈川~!!」って呼んでくれて、嬉しいぃぃいい!
テンションアーーップ!

でもその後はわりと「神奈川」よりも「横浜~!!」が多かった(笑)

横浜って言われちゃうと、「私、横浜ではないんだよな…」っていまいち自分にピント合ってる気がしないw
なので「神奈川」と言って~!
しらねーよ!w

「もう地元みたいなもんだぜ~!」って言っていて、それも嬉しかったぜい。


前回やったときは後ろの方は空いてたんですけど、今日は満員で嬉しいというようなことを言ってたけど
今回は追加で売られた立見席まで完売したんだからほんと凄いよ!
ファンが増えたって証拠だ。


「今ここ」が始まる直前に掴み取った青いタンバリンをジャジャジャジャジャジャ~~!!ポイ!っと捨て、
その後タンバリンの姿を見ることはありませんでした…(北とぴあでも書いた気がw)

動きが激しく、宮本さんもノリノリだ!
「今は神奈川県民ホールがど真ん中!!」ってめっちゃ早口!!w



一緒に行こうぜ~
どこへ?
一緒にすばらしいところへ行こうぜ~

「新しい季節へ君と」

ちょっとセリフが恥ずかしくてドキドキしたわい!

ミッキーがノリノリで弾いてる姿が目立ってた!

いつも控えめにサポートしてるイメージだから、
今回結構ノリノリでギターのストロークの動きも派手に大きめで、それを見て嬉しい気持ちに。




悲しみの果て、今宵の月のように、風に吹かれて

このポニキャニ3曲はほんとに何度聞いても最高大好き。

かすれた声になっても、そのままの力強さで押し通してくる歌声が、ココロの切なさスイッチをギューっと押される。

今回もギュインギュインに心に刺さりました。
なんと美しいんだ!
なんてまっすぐな歌声なんだ!




北とぴあの時と変わったもの!それはMC!!

話には聞いていたけど、あんなに前のめりでガンガン話してくるなんて!

スタンドからマイクをはずして、前に出てきてお客さんに喋りかける宮本さん。

北とぴあのときは、まだ曲の説明を頭の中こんがらがりながら、何とか言葉を紡いで説明してるって感じで
迷宮入りしているときも多々あったけど、
今回はかなりの饒舌宮本に進化を遂げていた!(笑)


お客さんに話しかけるように話すさまは、きみまろかい?っていうくらいおしゃべり上手で、話も面白くて声出して笑ってしまったよ。

隣の人に「もうおっかしー!!」って思わず言われたくらい(笑)
みんな大爆笑で聞いていたw

なんだこれ、エレカシのライブなの??っていうくらいなんだか凄い光景だなぁと思った。話もめっちゃ長いしw


北とぴあのときは、曲終わるごとに説明が入ると、曲で上がったテンションがいちいち下がってしまうのが
もったいないというか、もっと盛り上がりたいのに~って思ったけど、
今回、長いMCを経て演奏される1部の曲たちは、なぜかより集中して聞けたのがビックリした。

逆にあの「メロウ」に収録されてる曲たちを立て続けに演奏されるよりも、MCをはさんで良かったと思えるくらいだった。


MC中も面白い話でお客さんを盛り上げてくれてたから、テンションが下がることがなかったからかなぁ。
より盛り上がった気持ちで曲を聞けた。

宮本さんのサービス精神の凄さに感動!そこまで計算してたとしたら凄いな!!


MCは長すぎてとても書けないんだけど、話口調が優しく、距離が近く感じて嬉しかった。

「~なんだよ」とか「~なの」「~じゃない?」とか!
いつもみたいにかしこまりすぎてなくてよかった!

自然体って感じでペラペラペーラーーと喋りまくってて、
小学校の給食の時間に演説してた宮本君の演説を聞いているような気分でした(笑)



デーデの前のMCではまた、感動的なバラードでデビューしたとか言ってたっけな?(笑)
すごい真剣にウソついてらっしゃいました(笑)

CDに忠実なスピードのデーデ。
ノリにくくって(笑)コブシも掲げるの忘れてしまいました!


悲しみの果て
「契約が切れたときに、色んな人が声をあげてくれて嬉しかった。ミュージシャンとかね!
もっと言えもっと言えって思ってた」って正直!!(笑)


戦う男
「野茂秀雄っていう大リーグに行った選手がいて、俺は日本でドキドキしながら応援してた。」

翳りゆく部屋
「ユニバーサルに入ったときに、「宮本くん!!カバーをやってみないか!?好きな曲ないの?」(野太い声のモノマネw)って言われて、RCやジュリーとか、あと演歌とかも好きだったけど、さすがにそれはってやめて、(会場笑い)
松任谷由美さんの、いや別に知り合いじゃないし松任谷由美の。」ってわざわざ言い直していてまた会場笑いw




「桜の花舞い上がる道を」

北とぴあでは桜の花もいいと思えるようになってきた、みたいなこと言ってたのに
他の会場ではだんだん「桜の花が嫌い」って言ってるという話をツイッターで見ていたので

今回もその話をするかな~って思ってたんですが、桜の花~の曲前に違う話を色々話しまくっていたためか
最後何か言いかけたんだけど
「ま、いいや」って言ってやめてしまい、演奏がスタート。

演奏終わってMC挟まず「笑顔の未来へ」をやったので、もうその話題はやめたんだなぁ~と思ってたら、笑顔の未来へが終わった後に

「みんな桜好きですか??俺は全然好きじゃない!」とか急に言い出してw
やっぱりキター!!

「当時のディレクターの子?子って言っちゃ失礼か、ディレクターが
"宮本さん、桜の花の歌、作ってくださいよ~"(ここモノマネ)って言ってきて
桜の花の歌?!なんで俺が!!って思って
世の中にはわざわざ俺が歌わなくても素晴らしい桜の歌がいっぱいあるのに。
でも「いや無理無理!!」って言いながら、ほんとは嬉しかった」

らしいです(笑)

なんとかわいい人なの!


で、25周年のさいたまスーパーアリーナで凄い桜吹雪の中で歌って
なんていい曲なんだ!!って思ったって話でした。





3210が始まる前の宮本さん弾き語り

「横浜~イエ~イ、港町~~。○○があるじゃん、あるじゃん、じゃんじゃんじゃん!」と歌ってて笑った(笑)

○は聞き取れず、ツイッターでは「ボート」とか「ムード」だったって情報見ましたが!

「神奈川=じゃん」なんだな~w

東京の人は「じゃん」って言わないの?


でそのまま壮大な3210へ!
この流れは毎回ゾクゾクする…



「RAINBOW」

すごかったとしか言えないんですけど。
高音もちゃんと出てたし、お客さんも熱くてめっちゃ盛り上がった!!

何より、終わったあとの宮本さんの長いフリーズと、もんのすごい歓声!!!

フリーズしてる間に、どんどんどんどん更に歓声が大きくなってって、凄い感動的だった!!

宮本さんもそれを存分に浴びている感じだったな。

ほんとに皆のエレカシに対するあふれる思いが爆発してる感じが最高だった。

こんな大歓声をエレカシに送れることが嬉しくて!

宮本さんどんな風に感じてくれたかなぁ。




「ガストロンジャー」

”神奈川県民ホール神奈川県民ホール”をものすごい早口で言えてなくて(笑)

横浜ベイベー横浜ベイベー言ってました。
あの時間毎回笑ってしまうけど笑うとこなんでしょうか(笑)

じゅんじゅんに絡みに行ってじゅんじゅんソロを弾かせたけど、何かうまくドラムとかみ合わなくて、2回くらいやってました。

あのサポート2人に絡みに行く時間は毎回ハラハラする(笑)
酔っ払いがシラフの人に絡みに行くのを見るような気持ち(笑)
メンバーならいいんだけど!




「やさしさ」

「ポプコンっていうコンテストがあって、”ポピュラー○×◇△♪#コンテスト”なんですけど」

っていうのを繰り返して言ってて面白かったw
めちゃくちゃな感じの発音w


「成治さんの家がお風呂屋さんで、月島にあって。富士山の絵が描いてある良いお風呂屋さんで。
成治さんとトミと私でポプコンの前日に泊まった。石君はなんでか知らないけどいなかったんです。」

この話はよく聞くけど、毎回なんで石くんんはいなかったのかとても気になる~w


6人のピアノバージョンのやさしさだった。
ほんとにこの曲って17歳で作ったの?って思うほど凄いクオリティだなと思いながら聞いてた。
宮本さんのどこまでも伸びていく歌声が圧巻すぎて、もう棒立ちです。



「四月の風」

間奏の部分の手拍子は4拍に1回!

宮本さんがお手本のように、大きく頭の上で手を掲げて手拍子して、それをみんな真似してちゃんと4拍に1回手拍子してる姿がかわいくて微笑ましかった!



「風と共に」

ついに聞けたぁ~~!!フルで聞くのは今日が初めて。

「個人的に、40年前にみんなのうたではじめてのボクですっていう歌を歌ってまして」って言っていて
はじめてのボクです、って宮本さんが言った時点でもう胸熱だった!

さすがに歌ってはくれなかったけどw

「NHKの人がまたみんなのうたで歌いませんか?って言ってくれて、嬉しかったんです。
嬉しいんだからもう嬉しいって言って良いよね?」
とか言ってて、こないだのA-studioの鶴瓶の影響かな?とか思ったり。


「みんなのうたの加藤久仁夫さんのアニメーションがほんとに素晴らしくて、プロモーションビデオっていっちゃいけないのかな?
とにかくすばらしいので、今流れてるんで、調べれば見られると思うので絶対見てください!受信料払ってる人は見れるんで」
ってまた笑かすw

で、受信料ちゃんと払ってるのにBSのところに四角い表示がずっと出てて、意地でもボタン押さない!って言っててめちゃ笑った!!なぞの意地!そんな現実的な話が急に出てくるところがウケる。


アコースティックから始まる風と共に、すっごい良かった!

新しい宮本さんの言葉とメロディーを浴びると自然と泣けてしまう。

また新たな曲を届けてくれた喜びと感謝と、たくさん悩みながらも作ったんだろうなとか、考えてしまって。

初めて聞いたフルの新曲は、みんなのうたでかかっているものとは全然また違う印象で
あたりまえだけど断然フルが良いです!!

宮本さんの歌声は初聞きでも歌詞がちゃんと聞き取れるので沁みてくる。



これにて1部終了。
2部がありますと言って一旦引っ込むメンバー。



2部

「ズレてる方がいい」でスタート。

2部はMCなしで一気に激しい曲が立て続けで燃え上がる~!!
たとえセトリが分かっていても!



「奴隷天国」

この日も宮本さんに責められるのを覚悟していたけど、そんなに攻撃的じゃなくて意外。

お客さんの歓迎ムードにあまり怖いこと言えなくなってしまったのかなぁなんて勝手な妄想。

「なにうなづいてんだよ」って言ったと思ったらすぐクルっとメンバーの方向いちゃうし。


最後の締めがめっちゃくちゃかっこよかった!!

宮本さんがトミの方を向いて2人で特訓してるかのような世界で
宮本さんが手振り指示しながら、凄い速さで
ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ!ジャン!!!って凄いぶった切りな感じで終わって、
でもちゃんと皆そろってピシャーンとキレイにフィニッシュで、凄すぎてびっくりした。

思わずヒャーー!!!と声が出たほどに!




「コールアンドレスポンス」

ご承知のこととは思いますけど、かっこいいに決まってます。

「誕生以来50年!」って宮本さんが歌詞を変えて歌うたびに
エレカシの地道な歴史の積み重ねを実感して感動していた私。




「生命賛歌」

すっごいヘビメタみたいな雄たけびあげまくっていた!

「キェェェエェエエ~~~!!」って超音波なみの叫び。すごすぎる。


「好きだね!」は最前列でノリノリだった男性の目の前でキメてました(笑)

もうここからは憑依されたかのような圧巻パフォーマンスで
お客さんも引き込まれ、大盛り上がりでした。

最後の「生命賛歌よーー!」の大絶叫も見事に突き抜けてた~。ほんとに凄い。




「TEKUMAKUMAYAKON」

この曲がこんなに盛り上がる曲になるなんて発売当時はまさか思わなかった!

宮本さん、ステージをもう泳ぐようにふわふわノリノリすっごい気持ち良さそう。

左右のステージの一番はじっこまで行くのはファイティングマンが最近のお約束みたいになってたけど
今はこの曲になりましたw


2016年新春のときとか少し前は、もっと苦しそうに歌ってた気がするんだけど今は完璧!!

途中、皆に幸多かれ~~!!テクマクマヤコーン!と呪文をかけてくれました。

ほんとこの曲楽しくて大好きだー!!自然に体がノリノリです。



テクマクが終わった後、少しMCがあって。
でも凄く自然な感じのやさしい話し方で何か心が通っているかのようで嬉しかった。

「つい最近まで一番新しかった曲です!」(笑)と言って、「夢を追う旅人」。




「ファイティングマン」

30周年の垂れ幕が下りてくる。

石くんがもう凄くノリノリでギター弾いていて、
成ちゃんも前に出されて、2人がステージ前で弾いてる姿にもう胸熱!

もうお客さんの興奮も最高潮で、ほんとに今までエレカシのライブでは体感したことのないようなくらいの熱い熱い瞬間だった。

締めのときの30周年の垂れ幕と宮本さんのジャンプフィニッシュがシンクロして、感動。




最後はメンバー一列になってステージ前に出てきて、みんな腕をガシッと肩に回して
一斉に力強く深々とお辞儀!

今まではなんとなくバラバラに軽く頭を下げてたのに
今回のこのすっごい誠意のこもったお辞儀の姿を見てほんとに感動した。

そしてそのときのお客さんの割れんばかりの大歓声!

なかなか顔を上げないメンバーに会場中の歓声がどんどんどんどん大きくなっていったの、
ほんっとに感動的だった!!

こんな歓声の凄いライブは初めてです。
エレカシがこんなにものすごい歓声を浴びてるってことがもう泣けてしまった。

エレカシと私たちのお互いの気持ちがしっかり通じ合ったような気持ちだった。


「ありがとう」と言って帰って行ったその後、すぐにまた出てきて
「花男」をぶちかましてくれた!

会場中に手のひらが咲く。



曲が終わって、まだやってくれるかな?と期待満々のムードだったけど
なんだか宮本さんすっごくキョトンとした感じで、
何か言おうしてたような、でも言わず、変な感じで帰っていった宮本さん、とメンバー。


さっきがものすごい感動的なフィナーレだった分、
このあっさりすぎる何かおかしな終わり方に、会場中もあれ?って感じの空気になって、そして終わった(笑)

さっきのフィナーレで終わった方がカッコよかったのかもしれないけど、でもアンコールやってくれてよかったよ。




この日のライブは、もうどんな人が来ても楽しめるし感動するんじゃないか、って
全国、いや世界中の人に宣伝したいくらいすっごい良いライブだった。

私的にはもう流れもやる曲も分かってるんだけど、それでもまだ何度も聞きたい!って思うくらい
生の歌声、演奏は最高で感動でした!!!


今までエレカシのライブって同じ会場でも毎回違う曲をやって、セトリも全然変わってるのが定番だったから
それを楽しみに見ていたところもあって。

ぶっちゃけ、2017年の新春武道館、大阪城ホールの記念コンサートは聞きなれたベストアルバム収録の王道な曲ばかりだったので
もっとアルバム曲とかも聞きたかった私は、またかぁと少し残念に思ってたところもあった。

今回のツアーは毎回ほぼ同じセトリだから、何度も行かなくても良いかなぁなんて少し思ったのも正直なところなんだけど、
そんなことなーい!とこの日強く思った!

宮本さんの歌声はなんでこんなに感動するのか。
心にギュイーン!って突き刺さる、えぐられるような快感を何度も味わった。

それをまた味わいたい!!曲なんて何でもいいんだよ!エレカシが演奏して宮本さんが歌っていれば!
という結論になったのでした。


ほんとに絶対今のエレカシは見るべき!!!

何度でも!!


毎回たぶん、最高を更新しているんだと思う。
どれだけ凄いのだろうエレカシって。
限界が見えないね。

ほんとに毎回全力なのが伝わってくる。

これから先も見に行かねばならぬ!!!

八王子は残念ながら取れなかったのであきらめ、次は埼玉、三島に行く予定です。

その前に、野音も行きたいぞー!







第1部
1.歴史
2.今はここが真ん中さ!
3.新しい季節へキミと
4.ハロー人生!!
5.デーデ
6.悲しみの果て
7.今宵の月のように
8.戦う男
9.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日
20.風と共に

第2部
21.ズレてる方がいい
22.奴隷天国
23.コール アンド レスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン

アンコール
28.花男
スポンサーサイト
プロフィール

C-chan

Author:C-chan
2014年、エレファントカシマシのライブ映像きっかけで急激にファンになりました!
普段は幼き子供2人を育てる母でもあり。
たくさんのエビバデと思いを共有したいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。