スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年4月8日(土)北とぴあ 30th ANNIVERSARY TOUR 2017"THE FIGHTING MAN"

4月8日、倍率の高かったエレカシの地元北区「北とぴあ」でのライブに運良く行けたのですが、その後レポできるような余裕がなくて
こんなにもう日が経ってしまいました!

ちょうど今は新学期の時期で、ほんと我が家はいろいろいろいろ
いろいろいろいろありまして(笑)
心ゲッソリ、ストレスフルな日々で。

もう、口内炎が恐ろしくエンドレス発生するわ、頭ハゲるわ、体が悲鳴をあげていました!
心と体はほんとに直結してるんだなぁと痛感。

でもこんな不安な日々も、時間が経つと不安に慣れるというか、耐性がついていくんだから人って強いですね。
ちょっと元気になってきたので、やっとレポ書きたいと思います!もうかなり忘却のかなたなのですが…。
書いていくにつれて思い出していけたなら!







会場がエレカシの地元「北区」ってだけでやっぱりファンの皆もいつもより特別な気分!

王子駅から歩いてすぐ、迷わずすぐに北とぴあにたどり着きました。


ぶれぶれw


今回も会場ごとのスタンプを押す気満々だったのですが、私が着いた16時(開場30分前)の時点で一旦締め切られていました(ガーン)
グッズも13時から販売してたみたいですが、私の行ったときにはもう開場後にしか買えなくなっていました。




開場の16時半になり、またスタンプとグッズ販売が開始されたのですが
スタンプ一気に長蛇の列!!!




大阪城ホールのときは5個くらいスタンプがあって、各列に並べたので回転が速かったんですが
小さい会場ではスタンプ数も少なくて回転がおそーい!!
大阪城の時にはスタンプは何に押してもOKだったのが、今回からは集印帳とチケットにしか押せなくなってはいました。
が、全然列進まず!

開演は17時だったので、絶対この列に並んでたらライブ始まっちゃうでしょ!なレベルだったので、諦めて会場入りしました。

グッズは開場後はそこまで並んでなかったけど、すでに売り切れのものもあったり、今までに見たことないレベルで売れてる気がします!!さすが30周年。

エレカシの母校、赤羽根台中の同級生の方々からのお花が届いていて、凄く感動しました。
エレカシが誇りです、というようなメッセージが書いてあって
まさに俺たちの明日の歌詞のようで!!
こうやって宮本さんの愛する地元赤羽の、同級生たちがエレカシを誇りに思ってくれてることが嬉しくて。
宮本さんたちも、どう思ったかなぁ。嬉しかっただろうなあ。ウルウル。


画像クリックで、メッセージ読めると思います

大杉漣さんからもお花来ていましたよ~!



北とぴあは、ロビーや受付はまさに市民ホール!って感じのローカルな暖かさがあって、でも会場内は狭いけどとってもゴージャスな雰囲気でキレイでした!

私は1階16列目で、全体的に見たら後ろの方だったのですが、狭いので全然近い~!!
今回は真ん中らへんだったのでとっても見やすかったです。

それにしても最前列とステージの近さ!!
ロープとかそんなものなかったし、ステージのすぐ下で見れる!

最前の人、宮本さんの足しか見えないんじゃってくらい近くて驚きました。
この日は最前列に男性が多い印象でした。
同級生の方たちも見に来てるのかな~なんて思いながら。



エレカシメンバー颯爽と現れる。
「おめでとーーー!!」の声と大歓声。
今日は何よりお客さんのテンションがたかーい!!とビックリしました。
ものすごい歓迎ムード。

エレカシはみんなおそろいのスーツ。
宮本さんはおなじみになりつつあるネクタイ姿。
1曲目、宮本さんが成ちゃんを指差し始まるってことは、「歴史」!!

うひゃあああーー!
テンション上がりまくり!
オールタイムベストで改めて歴史が凄くカッコいいな!ってよく聞いてたので嬉しい。
「イキザマダァァ!!」の叫びはやはり痺れますなあ…


次の曲、「今はここが真ん中さ!」の時にはイントロでもう客席もものすごい騒ぎだし
宮本さんも「北区へようこそーーー!!」とすごいテンション高っ!
動きも激しく最初からノリノリだ!!こちらも熱があがる~!

タンバリンをワーーっと叩いてすぐにポーンと投げ捨て、タンバリンはこの日のお役目終了となりました(笑)
~してるのは誰っ!?!?のポーズも決まってたよ~。嬉しくて最高で私は終始ニッコニコ満面の笑顔で見ていました。
「今は北とぴあがど真ん中!!」


「ハローハローハロー…」とつぶやくので、「何!?まさかハローニューヨークか!?」とドキドキしたんですが
「ハロー人生」でしたW

ハロー人生!!のコーラス、石くん頑張ってた!!成ちゃんは確認できなかったけど、どうだったのだろう?
めちゃんこかっこよかった!!
でもカッコよくてこういうノリノリな曲ほど、何かホールだとうまくのれなくてもどかしい気持ち。
ってのを会場見渡してて他のお客さんからもそんな雰囲気を感じ取りました(笑)
うまくリズムに乗って手を上げれないような、どこで手をあげたらいいのやら?というかんじで。

その後のMCで、ベストに入れたくて迷った曲だったから、今日演奏できてよかった、というようなことを言ってて
これもまた嬉しい言葉でした。


デーデは、いつものノリの良いテンポじゃなく、原曲に忠実なテンポで、おそーく感じてノリにくかった!(笑)
これは速めで聞きたいなぁ。ちょっと冷めちゃう~。


この日も大阪城ホールと同じように、一曲ずつ曲前に解説をしていたんですが
悲しみの果てでは、「この間テレビで歌って、すっごく嬉しかった!」と、"すっごく!"の部分凄く強調していて
ああ、あのこの間のMステのことだあ、ゴールデンボンバーがおふざけしたすぐ後の出番で、なんか機嫌悪そうな雰囲気で
ムカついてんのかなぁなんて心配してたから、嬉しかったんだってことが知れてとっても嬉しかった。

この日の悲しみの果て、なんだかちょっとかすれ声気味に聞こえて、でも声量はもんのすごくて
発売当時の宮本さんの歌声になんとなく似ている感じがして、良かった!!凄く感動したのです。


「今宵の月のように」も凄く良くて、うっとりしてしまった。30周年で以前より染みるようになってきた。

この間放送されたシブ5時の、宮本さんが今宵を弾き語りした時のクリス松村と同じうっとりした顔で自分も聞いてることに気づいて笑ってしまったww


風に吹かれても、歌がもの凄く力強くて、もの凄くうまくて
ほんとに、歌凄すぎでしょ・・・って何度も何度も思った。
ほんっとに!!こうしか書きようがない!(泣)
宮本浩次の歌声は魅力のかたまり。


それをまざまざと見せ付けられたのが「翳りゆく部屋」
もうそれはそれは超丁寧に歌っておられて、それがとても伝わってきた。
全身であの歌声を浴びれて幸せだった、私の体が感動していました。


「桜の花舞い上がる道を」のMCでは、昔は何でみんな桜が好きなのか分からなかったけど
今は少しだけ良いと思えるようになってきたっていうようなこと言ってたような。
桜と空のコントラストが良いだとか、この会場入るところにも咲いてた、とか。

この辺記憶が飛んでいるなぁ~。

俺たちの明日では泣きました(笑)
もう、すごい現実世界で不安だらけだから、この応援歌は染みすぎるんですよねー。
がんばるよぉおぉ、私がんばるよぉぉ(涙)



2部は「ズレてる方がいい」からスタート。

最後の「ズレてる方がいいーーーーーーーー!!」
で、久々「耳割れる~~!!」って思いました(笑)
あれたまに、すごい耳つんざきそうになりませんか?w

(宮本)ドヤァアア!!
(私)参りましたーー!堪忍して!

って感じでしたw


そしたら攻めの「奴隷天国」あのイントロのドラムはテンションめっちゃ上がりますね!!
宮本さん怖かったー!大阪城のときよりも顔が見えるから余計に怖い!
このときばかりは目合うの怖いですねw オメェだよ!!と言われたら泣きますー!w


次が意外な曲で「いつか見た夢を」
おおお!?ベストにも入ってないし初めてライブで聞きました!!
CDの何倍もかっこいい!!!エレカシあるある。やっぱライブは最高だ。


コールアンドレスポンス
カッコいいに決まってる!!
奴隷天国で死ね!と言われ、コールアンドレスポンスで死刑宣告されるファンたち(笑)
死にすぎ!


「生命賛歌」からもうグイグイにテンションがあがっていって凄かった。
やっぱりツアー初日だと何の曲が飛び出すか分からないから「この曲やるんだー!!」っていう喜びが味わえて良いですね!

お客さんは表のリズムでコブシ振ってたら、宮本さんが裏のリズムで「オイ!オイ!」ってやるので
リズムうまく取れなくて戸惑った(笑)「永遠の旅人」もそうだったなぁと思い出したのでしたw

最後の「生命賛歌よー!!」の叫び、バッチリ声出てて、バケモノでした!!凄い。


その後の「テクマクマヤコン」は、この日最大のトランスミヤジになって
もう江頭のように腰ガックガクしてぶっ飛んでた!

後ろ向きでがに股の間から顔出して歌ったり(男椅子の上でもやっててグラついてハラハラ)
シャツをブッチーーーーンって引きちぎってボタンが飛んでいくの見えた。16列目からでも!

シャツ全開!!乳首をつねっていたようですが私はチェックしておらず!
もう我を忘れて歌い踊る宮本さんに見ているこっちもエキサイト!!めちゃくちゃ興奮しました。
結論は出ない~でおケツ叩いてましたwそっちのケツかーい!

そうそう、「おーおおおお~」のコーラス、成ちゃんがしていたの見逃さなかった!
成ちゃん!!がんばれ成ちゃん!
宮本さんに「いらねぇ!」と言われませんやうに、と願いながらw


「ファイティングマン」でステージの上からあの30周年の宮本さんのシルエットの絵が降りてきて、
演出に胸が熱くなりました!30周年だーー!!おめでとうーー!!
こんな粋な演出してもらって!祝福されてる!エレカシも私たちもおめでとうな気分。


アンコールは1曲だけ、「花男」でしめ!
花男って、良いよね。すごい好きだ!パっと気持ちよく終わる感じ。
「バイバーイ!」って言って去っていった。か、かわいい・・・。

ほんとはもう1回くらいいつもどおりならアンコールあるかなって思ったから
もう終わっちゃうの!って残念だったけど。しょうがねぇよな!(宮本風)


この後のツアーがますます楽しみになるような、最高の幕開けでした!(あ、幕開けは大阪城か?笑)
次は6月神奈川、いくぜー!



終わってから、なんだか2階からざわめきが。
私の位置からは見えなくて、誰か有名人が見に来てるのかな~?と思ってそのまま外に出たなら
お客さんであふれかえるロビーに突如大杉漣さんが現る!!

なぜか出口とは違う方向(会場入り口方面)へ大杉さんとスタッフの方が逆流していくので、会場から出てきてごった返すお客さんの合間ぬってく状態でw
他の方に紛れて私もずうずうしく握手してもらっちゃいました。
絶対面倒だったろうに優しく応じてくださいました。
背が大きくて、ダンディーなおじさまだった!
めちゃくちゃ腰低く去って行きました。
きっとエレカシファンに冷たい態度とってはエレカシに失礼だと思っての対応だったんだろうなぁ。

ライブ後もスタンプの列に並んだんですが、もう長蛇の列で、だんだん面倒になってきて諦めましたw
今回のツアーはどこもスタンプの列がものすごいみたいなので、覚悟していきましょう~!!
時間に余裕を。ココロに花を。






第1部
1.歴史
2.今はここが真ん中さ!
3.新しい季節へキミと
4.ハロー人生!!
5.デーデ
6.悲しみの果て
7.今宵の月のように
8.戦う男
9.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日

第2部
20.ズレてる方がいい
21.奴隷天国
22.いつか見た夢を
23.コール アンド レスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン

アンコール
28.花男

スポンサーサイト
プロフィール

C-chan

Author:C-chan
2014年、エレファントカシマシのライブ映像きっかけで急激にファンになりました!
普段は幼き子供2人を育てる母でもあり。
たくさんのエビバデと思いを共有したいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。