野音のDVD

アルバム「RAINBOW」
初回限定版についているDVD
「26年連続の野音の1日」の感想。

そのまま過ぎるタイトル!!!(笑)
野音の"1日"って。
なんかすごいのほほんとした感じしますな。
「おじいちゃんの1日」みたいな。


見始めたら、まずしょっぱな有楽町駅から普通に笑顔で改札出てくる宮本さんw
電車でくるんかーい!

この日、まだリハも始まる前にツイッターで電車目撃情報があったのを知って
「まさかね…?」と思いながらも、野音すぐそばの霞が関駅の出口付近になんとなくいてみましたw

でも野音ライブで電車とかありえないよね…ってすぐ去りました。

なななのに!
まさか駅は違えど、普通に最寄り駅使ってるとは、おそるべし!
駅周辺ファンばかりだろうに、囲まれたりしないのだろうか…不思議だ。



リハも外で聞いていたので、DVD見て 中の様子こんなだったんだなぁって知ることが出来て感激。

ライブ始まる前の、メンバー1人1人に宮本さんが両手でギュッとする仕草に萌える(笑)



個人的には「自宅にて」がフルで入っていたのが凄く嬉しかった!!
あの日この曲を聞いて、魂の叫びに打ち震えましたから!
あの絶叫をもう一度見たい!と思ってたのが叶ってよかった。


涙の「月夜の散歩」と、「友達がいるのさ」が入ってないのはガックリでしたぁ。
あとRAINBOWがダイジェストなのも!!
なんでやねんねん!
フルで見たかったうぉうぉう。

でもおまけ的なDVDだからそれにしては良い方なのか?
こうなったらDVDちゃんと発売してほしいぜーー!


最後の、「ローリングストーンズみたいに挨拶しよう!」のところもちゃんと入っていたのは良かったです。
宮本さんに成ちゃんがシャツを破かれたところは我が家の子供たちに大ウケでした(笑)


「誰かのささやき」の最初の笑顔もなにあれ!
ミッキーいいね!みたいな顔。
石くんには絶対やらなそうw

宮本さんの声が美声!良い声してるわ~。
自分で「歌がうまい」ってよく普通にサラッと言ってるけど、誰も何も言えない。
だってうまいんだもん(笑)

昔の曲が今のエレカシクオリティで再現されるのって凄い嬉しいですよね!
昔は昔の良さがあるんだろうけども。


夢のかけら、月の夜が入ってたのも嬉しかったなぁ。
あとRAINBOW、初披露だったからかちゃんと歌えてない部分とかもあったんですね。
あの時は高揚してて全く気付きませんでした!
とにかくカッコいい!!と興奮していて。
でもあのブルーの照明が当たったステージ、ヤバイカッコいいですな!
”街中が光が俺を追い抜いていく”ってとこのシーンが凄い好き!と思ってたら姉も同じことをブログで言っていたw

fc2blog_2015113000415925e.jpg
ここ↑


あぁ、やっぱりフルで見たかった、RAINBOW!!

ライブはいいな、ライブで聴くエレカシが1番だ!!もっと見たい!
欲求が高まるDVDでした(笑)
スポンサーサイト

テレビの感想もろもろ

ここ最近ラジオやテレビや新聞に雑誌、あらゆるメディアに色々出演していたエレカシ!フル稼働!

そんな中アルバム発売にツアーが始まって…一気に色んなことがありすぎ~!

しかもどれもこれも凄く濃い内容なのに、じっくり1つ1つ感想かけないでいたので
テレビの感想など書いていきます。



The covers、LOVE MUSIC、魁!音楽の時間、スッキリとか、もう色々出ましたね~~!!

「スッキリ!」生出演での生歌はほんと興奮しました!
あんな狭いスタジオで、あんな環境で歌いにくいだろうに、それでもあんなに全力で歌ってみせるなんて。しかも朝から!
エレカシヒストリーも長い時間使って流してくれて嬉しかったですね。

最近はライブでも黒ロンTだったけど、脱・白シャツキャンペーン中なのか!?
黒Tに黒シャツ羽織っててなんか新鮮!かっこよかったです。
私は黒バージョンミヤジの方が色気が増して好きだー!



あと、私が観覧に行った「LOVE MUSIC」
もうあの夢のような時間の記憶はだいぶ薄れてしまってたので、TVで見ても
「これをほんとに見たんだっけ!?」って感じ。
なんで記憶薄れるんだー、バカバカ自分。

でも「時の過ぎ行くままに」凄い渋くて味があって良かった!
すっごい真剣なまなざしで歌ってたのを思い出しました。

自分も映っててハズカシー!って思ったけど、ライトアップされてなかったので目立たなくてよかったですw

最後に「らぶ!みゅーじっく!!」って四人で肩組んで撮影してたシーンが放送されなかったので
あれはきっと、いつかやるスペシャルとかで使われるんではなかろうかと予想しています。
今後も要チェックー!!



The coversも良かった!盛りだくさん過ぎる内容で。
お宝合唱団写真も出てきたし。ほんとに凄いよな~昔から素質があったってことだね。

RCを私は聞いていないので、スローバラードはエレカシのカバーで初めて聴いたけど、ただならぬ宮本さんの気合を感じた…
本家を聞いてないのにエレカシの歌みたい!っていうのも変だけど、思わず見入ってしまう迫力と歌声だったな。
宮本さんなんか震えながら歌ってたから、ちょっとびっくりしたよ。
力はいりすぎてたのか?それとも感極まって?
失礼のないようにっていう言い方が、宮本さんらしいなぁって思いました。

夏菜に歌ってほしい曲で「赤いスイトピー」を選曲した宮本さん。
聖子ちゃんを好きだったなんて初めて聞いたよ!!男しか好きじゃないのかと思ってた。
夏菜じゃなく、むしろ宮本さんに赤いスイトピー歌ってみてほしい…(笑)

そして、「自分の話ばっかりでごめんなさい、お正月の年賀状みたいで。」って!(笑)
ホントにおもしろすぎ!発想天才すぎると思いましたw


そして最後にRAINBOW披露。
この番組がアルバム発売日より前に放送されたから、ここで初めてRAINBOWの歌詞の全貌が明らかに!!

びっくりしました。全然思ってたのと違くて!!
ハートアンドソウルとか、くずおれそうさ、とか・・・
ほんとに「デリケートもクレイジーも」って歌詞だったんだ…とか色々衝撃でした。

なにより「1、2、3、4、デー」に驚き。
「デー!!!?」ビックリマークとかないのか。デー


そしてフルでの歌。
息付く間もなく駆け抜けて、渦に飲み込まれて最後ポーンって放り投げられたかのような
見終わった後のあっけに取られる感じ、快感!!というか呆然??

ほんとに渦に飲み込まれるみたいにグルングルンカメラ回って撮ってたし
あれってカメラマンが宮本さんの周りグルグル回って撮ってるとしたらだいぶ面白いなと思いました(笑)
すごいジャマだよねw



ひとまずテレビラジオラッシュは少し落ち着いてきたのかな、これからは雑誌表紙も2冊ありますね~!!

こんなにたっくさんのメディアからエレカシが降り注がれて溺れそうになってる今日この頃。
今年の前半の何もなさはなんだったんだ?!?ってくらい差が激しいですね(笑)
これから年が明けて新春ライブが終わったら、またシーーーンってなるのかい?
今のうちにエレカシ貯金蓄えておかないと!って感じですかね。


今年はアルバムが出てライブもして、来年はエレカシはどんな年になるんだろう?と早くも気になってしまいます。
でも半年音沙汰なしは嫌だけど、ゆっくり休んでほしいですね~。

アルバム「RAINBOW」

エレファントカシマシ NEWアルバム「RAINBOW」

rainbow.jpg

タワレコで前日に届きました!

ライブレポを先に書いちゃったんですが、アルバムの感想も書きたいと思います。



まずCDプレイヤーに入れたときの
「トラック数55」に驚き。
え?不良品じゃないよね??とちょっと思いました(笑)

13曲目まで聞き終わった後、2秒おきに次のトラックに移っていく時間がドキドキで…
まさか変な声とか聞こえないだろうね…?と、ビクビクしてました(笑)
55まできたときに宮本さんのささやくような歌声が聞こえたときの安堵感といったら!
しかも凄く優しい優しい歌声で、うるっとしました。



RAINBOWっていう若々しく激しい曲をずっと先に聞いてたから、アルバムも村山☆潤さんのアレンジが活かされた新しいエレカシな感じなのかな~っと予想してしていたら、なんと渋く重厚!!
意外でした。

「なからん」「雨の日も風の日も」は武道館で聞いてたからもうイメージが出来ていたのに、全然雰囲気が変わって別の曲みたい。


「なからん」がとってもいいです。
武道館で聞いたときは、ぶっちゃけそこまで好きな感じじゃないな、って思ってたんですが…
アレンジや歌い方が違うだけでここまで印象が変わるのか!とビックリしました。

歌詞だって武道館の映像見て書き写していたんだけど、それとほとんど内容変わってないのに、すごくグッときて。
曲のアレンジって凄い大事なものなんだなって身をもって感じました。


年をとった自分を受け入れることができるようになって、それをそのまま表現できたって
宮本さんが何度もラジオや雑誌で言っていたことが、こういうことだったんだってようやく納得できた。


過去へ想いを馳せるような歌詞、後ろ向きな歌詞がやっぱりいつもと違って重く感じるのが新鮮なところかな。。

宮本さんも歳をとっていっていつかは…って嫌でも思わされるような歌詞。
宮本さんは老いを受け入れられるようになったって言ってたけど
ファンとしては、そんなこと言わないで!いつまでも輝いて若くいてくれ!!って願ってしまう。


RAINBOWも、凄く激しくノッてしまうのに、なんか切なくなってしまうのはやっぱり歌詞なんだな。
でもその負の要素もまとめて抱きかかえて引きずって、追い抜かれても歩いていくんだって、言ってるように感じた。

希望はちゃんとある!!


RAINBOWは野音で聞いたその日からもう何回聞いたんだってくらい凄い聞いてるけど、いつも新鮮な気持ちで聞けるのが凄い。
毎回感動する!

あのMVを見たら更に更に更に感動して涙ちょちょぎれます。
すっごい良い!!

そして宮本さんもあのMVを見て泣いたって、さっきダイノジのラジオで言ってて意外だったなぁ。


あとUnder the skyが私はとても好きです。
永遠の旅人と同じメロディなのに、ほんと全く違う曲ってのが不思議。
そしてなんかもう雰囲気から声から、涙が出そうになってしまう。
そのくらい感情が揺さぶられるってのは良い曲だからだと思う。好き!

シングル曲も、アルバムの中に入るといつもとまた感じが違って、アルバムの中で重要な曲に聞こえてくる。
「あなたへ」とか、あまり聞いてなかった曲だけど、改めて良い曲だなぁと思える。

なんかこのアルバムはBGMにあんまりかけれなくて、じっくり向き合って聞きたいアルバムです。
何かをやりながらじゃ聞き流せない!重いし。
そんなアルバムで良かった。

RAINBOW TOUR 2015 11/19 豊洲PIT


行ってきました!!
アルバムを17日にフラゲしてから、時間合間縫って聞き、曲の感想とかも先に書きたいところだったけど
生活も忙しくてもうバッタバタで豊洲に行ってきました。


18時開場の19時開演だったから、子供たちを幼稚園にお迎えに行ったりなんだりしてから家を出ても大丈夫だろう。
なんてゆっくり16時頃出たなら、18時ギリギリに会場について焦った~~!!

新橋からのゆりかもめ、めっちゃ遠回りなので危険ですw

有楽町線で豊洲駅からの→ゆりかもめで新豊洲。ルートで行った方が早い!


それでも私は3000番に近い整理番号だったので、18時半を過ぎてもなっかなか会場入りせず、全然余裕がありましたw

コインロッカーに上着を預けたまま、ずーっと薄着で待っててヒジョーに寒かった!!

観覧で出会ったエビバデちゃんとそこで偶然再会できて、一緒に待っていたので寂しくなく過ごせました(*'д`*)




19時近くにようやく会場入りして、この番号じゃ1番後ろの方かななんてあきらめてたけど
結構前へ進めて、ほんとに会場のど真ん中らへんにいたと思います。

そして横を見たらなんだか見たことあるような顔。

あ、鹿野さんだ!!!

ビール片手にBGMでノリノリでいらっしゃいました。
一緒に来てた女の人と話してる声がたまに聞こえてきて
(なになに!ミヤジの話しかね!?)と勝手に妄想。
話しかけたかったなw


客の会場入りが遅かったせいか?
19時15分くらいにちょっと遅れてスタート



出てきたメンバー達!
宮本さんは最近のライブで噂に聞いてた、黒いロンTではありませんか!!

ひえーーーかっこいいーー!
あの奇跡的にカッコよい「東京からまんまで宇宙」のPVみたい~~!
石君は短パンではありませんでしたw残念。


1曲目は「うつらうつら」
意外すぎる!!!
でもブラフマンのイベントでもやってたな。
のびのび歌っておられて、惚れ惚れ聞きました。


そして次の曲、これなんだっけ?!
すぐに出てこないけど扉の曲!
サビの直前でやっと「一万回目の旅のはじまり」って分かった(笑)

いーーーーーーちまーーーーーん
かいめーのたびのーはじーまり!
って入る前の間奏のとこが恐ろしくカッコよかった!!!
この曲こんなにカッコいいんだ!とライブで思い知ったです。



TEKUMAKUMAYAKON

「かーえりたーい!」って始まった瞬間嬉しかった!
お客さんもすごく盛り上がってた!
とにかくかっこいい。ノリノリになります。



愛すべき今日

素晴らしかった!!もう最高としかいえない。
なんて歌声なんだ!!!どういうことだ!
悲しそうな顔しないでくれよ。のあたりは心わしづかみです。



悲しみの果て

何回も聞いてるけどやっぱり聞きたい曲。
ギターソロでミヤジに「石君!」って前に出されてノリノリで弾く石くん見てたら
あの「音楽と人」インタビューが蘇って半泣きに。
響くギターの音がさぁ、泣けるのよおおお!



3210 からの RAINBOW!!

打ち込みとか流れてないはずなのに、音がちゃんと再現されてたように感じた。

村山さんのキーボードの音は、いつもよりかなり目立ってて、でも凄い重要な役割担ってました。

そしてくるぞくるぞ…RAINBOW!
会場中、待ってました!とばかりに歓声!
そしてすごいノリ!!!
今まで行ったライブで一番会場中がノッていたように感じたよ!
もう乗らずにいられるか!ってくらい熱いファンの熱気が一気にMAX!!

皆この歌が大好きなんだって、聞きたかったよ!って気持ちが会場に充満してた。

そしてこんなにノリノリなのになぜか泣けてしまうという。
宮本さんが全力で叫ぶようにこの歌詞を歌うのが心貫かれる。
ほんと特別な曲になるんだなって思いました。



ここからアルバム曲が続いて

昨日よ なからん シナリオどおり

なからんは好きなだけあって一番良かったなぁ。
あのサビの「流れゆけ」って行く前の石くんのギターが!
ピックスクラッチっていうの?そこがすっごいかっこよくてトリハダだった。

もちろん宮本さんの歌声も!!
魂の響き。出だしの声もほんとキレイだった。



永遠の旅人

これはとっても楽しかった!!縦ノリで!
お客さんもすごい盛り上がり。

ゆくぜ!ゆくぜ!ゆくぜ!は当然コブシ突き上げる!宮本さんもお客さんも。

なんか途中で、俺達の明日みたいな「パン・パパン」みたいな手拍子を宮本さんがやってきて
それをこのリズムでやるのが難しくてだんだんわかんなくなったw
この曲だったと思うんだけど、違ったかも!



この日はお客さんが男の人がいつもよりも多い印象で、年齢層も若い人が多かった気がする!

プロモーションのおかげなのかRAINBOWが好評なのか!?
そしてお客さんがすごい熱くて。
声援が鳴り止まないの!
普段って曲終わりでワーーー!ってなっても割りとすぐシーンとするように思ってたんだけど
そのシーンが全然なかった!
ずっとミヤジー!って誰かが叫んでて。


Destiny
ズレてる方がいい

最近のライブではおなじみのこの曲たち!
若干聞き飽きてる感があったけどとんでもなかった!
改めていい曲!!!と思いました。
デステニー入る前、宮本さんがミッキー置いて歌い始めちゃって、1回やり直ししてた。
ズレてるでもやり直してたような。
初日だからか?出だし間違いみたいの多めでした。
でも全然気にしないえびばで!!

この後「第一部終了です!」ってハケていきました。
ライブハウスでも一部とかあるのか!?ってちょっとおもしろかったw


ハケた後もすぐお客さんの手拍子が鳴り響いてました。
そんなに時間もかからず出てきたメンバー
宮本さんは黒シャツにお着替え!

宮本さんのアコギで始まった曲は、なんだっけこれはDead or Aliveに入ってる曲…
漂う人の性だ~!何かレア曲聞けた気分。
あの最後の語りの「時からのメッセージ」って部分、原曲と違うように語ってたんだけど
何て言ってたか忘れちまった!でもかっこよかったんだそこが!


あなたへ
最初のギターの音、宮本さん間違えちゃって、やり直し。
「この音(で始まる)なんだ」って1音聞かせて、仕切りなおし!
「あなたへ」って、最初は恋人のことかななんて思ってたけど、この日聞いてたらファンのことなのかなって思えてきて
そう思ったらいちいち歌詞が胸に刺さって刺さって。
病気したときに出来た曲で、これが復帰第一弾シングルだったんだなって考えながら聞いてたら
ファンへの想いを歌ってるとしか思えなかった。

あなたへに感動してたら次の曲が翳りゆく部屋ですと!!
まさかこの曲が一生のうち聞けるなんて夢にも思わず。
「日本の歌謡曲には素晴らしいものがたくさんあって…ジュリーとか沢田研二とか…」って会場笑。
それ同じ人です先生!!w
マジで良かった!!!もう良かった、凄い、しか言えません。。
サビの威力。自分の曲かってくらい心こもってるし、ほんとに素晴らしかったー!

ここまででもうかなり宮本さんの素晴らしき歌声に満たされた気分でいたのに、
ここにきて「桜の花」ですよ奥さん!!追い討ち!!
マジ!?!って思ったね。
そんでここまで歌い上げてきて、全然歌声弱ってないからねw
すごすぎ!!


盛り上がってきたところで
このギターは!
「地元のダンナ」だーー!
キャーー!っと一気に会場中のボルテージ上がる。
成ちゃんの地元が近いから、みたいなこと言ってた。月島は豊洲駅のお隣なんですな!
すっごいお客さんノッてました!!もちろん私も!


そして次がなんと私がずっと聞きたかった「旅」がああ
思わず「ウソーーー!!」って声に出ましたw
俺の心に灯をともっすーー!っていう出だしのカッコよさよ。
あのサビとか間奏のジャーーーーーンって演奏がマジでカッコいい。
「ギター俺!」も出たし、高音早口なので歌声はつらそうだったけど、かっこよかったあああ(泣)


そしてガストロンジャー
決めのセリフのとこ「戦わないやつは破壊されんだよ」って言ってたのが、グッときた!!!
そうだ!そうだー!


燃え尽きた後に
なんと「Under the sky」
永遠の旅人と同じ曲だから、やらないかと思ってたけど
とっても幻想的なあのアルバムの原曲の雰囲気そのままに村山さんのキーボードで再現されて
宮本さんの歌声、天使みたいな透き通る声だった。

さっき永遠の旅人であんなに楽しかったこの曲が、めっちゃ泣ける曲に変わってた。
宮本さんの歌がすごい際立って、もうじっと身動きとれず聞き入ってしまった。

宮本さんが水の中泳ぐ魚みたいに生き生きしてるように見えて、
歌う為に生まれてきたんだこの人、死ぬまで歌うしかないよ、
このままずっと宮本さんが幸せを感じて歌えますようにって
なんだか思えて仕方なくて、涙あふれてきた。


はぁ、、宮本さんて、エレカシってなんだろう?なんでこんなに感情移入しちゃうのか。
ありのまま、さらけだした姿、かっこよくて仕方ない。


何の曲か忘れたけど、曲終わりに
「ミヤジいつもありがとう!!」って叫んだ男の人がいて、その思いがえびばでを代表しすぎてて、多分あの会場にいた人みんな同意しただろうなって思って、思わず泣いた。
あの声絶対宮本さんに届いたね。
私も同じ気持ちだよ!!
いつもありがとう!!



雨の日も風の日も

もう終わっちゃうんだって気持ちで聞いていた。
てかアルバムの曲全部やってる!!w
すごいことだ。


アンコール


習わぬ経を読む男

これも最初「ゲンカク get up baby」だっけ?と思ってて、途中でこの曲だと分かりましたw
ライブでやってるの見たことないや!!

い・わ・せ・る・と!とかのリズムがミヤジに合わせて、凄いと思った!
さすが昔の曲はもう気で合わせられるって感じ。



ラストはファイティングマン!
野音でもファイティングマンで終わったので、これがラストって分かった。

腕挙げ続けすぎてプルップルだったけどがんばった!
もう宮本さんの黒シャツは全部はだけて肉体美さらけだしてました。

ありがとうと言って去っていった。
ちょうど2時間くらいで終了。



その他メモや感想やら雑記。

いつだったか?お客さんに
「なんかわかんないけど好きだ!!」とか言ったときがあって
さいアリの名言「とりあえず今皆のこと好きです!」を思い出してニヤニヤしちゃいましたw


石君にディフェンスみたいな動きしてたときもあってあれは会場中が笑っていた。
あれは何をしていたのか?ちゃんと見えなかったから定かではないけど、とりあえず面白かった(笑)



石君、すごいノリノリでギター弾いてたな。
村山さんもノリノリで、真剣な表情で弾いてた。私、同年代だなんて信じられないよなあ。

成ちゃんとトミは、遮られてなかなか見れなかった(>_<)


豊洲PIT、ライブハウスだから当たり前かもだけど、見づらかったーーー!(笑)

でもライブハウスだからこその、盛り上がりを感じられるのもまた嬉しかった。汗だくで。





宮本さん発言覚えてるだけ

「エレファントカシマシのライブに初めて来たって言う人いますか?」手をあげる人少しw

「気分悪い人はスタッフいるから手あげて」みたいなこと言ってて、前のほうはそんな状況なのか!とびっくり。
帰り会場出たら救急車きてたし、ライブ中も何人か抜けたみたいで、前の方ってどんななの?!と怖くなりました(;′Д`)


「RAINBOWは野音で初めて歌って、その後色んなところで歌ったからだいぶうまくなった」

「テレビに出たからって有名人だと思わないように!」ってトミに言ってたw

宮本さん石くんのサングラス外す。

宮本さん今回は前によく見たタコ踊りみたいの結構炸裂してて、あぁ、のってるんだな!って分かってこちらも興奮しました!(笑)








ライブが終わって1日経って、この気持ち忘れないように!と夜更かしして長いレポ書きました。

やっぱりライブ終わったあとって、すっごい余韻がデカイです。

1日エレカシのことしか考えてない。
アルバム聞くだけでもう全部が心に響いちゃうし。

RAINBOWだって、もう100回以上は聞いてそうなのにまだ聞くたび感動しちゃうという。

すげーアルバムだ!!!
エレカシがすごいよ、あのライブの客層見ても、これ売れちゃうんじゃない!?って期待しちゃう。

もう余韻がひどすぎて、収拾つかないのでここら辺で終わります!!w




☆セットリスト☆

1 うつらうつら
2 一万回目の旅のはじまり
3 TEKUMAKUMAYAKON
4 愛すべき今日
5 悲しみの果て
6 3210
7 RAINBOW
8 昨日よ
9 なからん
10 シナリオどおり
11 永遠の旅人
12 Destiny
13 ズレてる方がいい
14 漂う人の性
15 あなたへ
16 翳りゆく部屋
17 桜の花、舞い上がる道を
18 地元のダンナ
19 旅
20 ガストロンジャー
21 Under the sky
22 雨の日も風の日も

23 習わぬ経を読む男
24 ファイティングマン

雑誌づくし

毎日毎日、子供がやっと寝たぁ~!と夜1人タイムを楽しもうと思うんですが、
お菓子とかいらぬものをつまんでから数分、スマホ片手にうたた寝してしまいます。
今宵もそうでした。
どうせなら余計な物をつまむ前に寝ちゃってほしいところです(笑)


雑誌ラッシュ、ラジオラッシュ止まりませんね!!

追うのヒーヒーですたまにラジオなど忘れた日には姉妹の連携プレーで助け合っております。
なんだかオフィシャル情報に出てないところでコメントしてたりするし、
エレファントのことは自分で情報網張ってないと色々逃しそうですな。


今日はよーーやく先月末発売だったRockin on japanを読みました。
そしてここ数日立て続けに発売だった、Rolling StoneとTalking Rock!も。

ロッキンオンは、もうすんごい付き合いだからってのもあるけど、インタビュアー(山崎さん)喋りすぎじゃ?笑
その長い説明&問いかけに、宮本さん「はい」だけとか!
どっちのインタビューじゃぁい。と思いつつも
そんな中で宮本さんの本音や色んな思いが引き出されて行くんだろう。

Rolling StoneとTalking Rock!はもっと砕けてて読みやすかったなぁ。


それにしてもアルバム聞く前に色々曲情報がインタビュアーから細かく語られたりしてて
やめてぇぇ~~そんな仕掛けとか、狙ってる部分とか、解き明かさないで~
アルバム発売前に読まないほうが良かったかな…。
私は人の意見に流されやすいし飲み込まれやすいタイプなので、余計に

色々前情報なく、まっさらな状態で聞きたいんですよね。RAINBOWは別として!
ラジオでもアルバム曲が後ろでかかってたりすると、初めて聞くのにこんなBGM的な聞き方したくない~~って思っちまいます。



雑誌、今のところ「音楽と人」が一番だなっ!
メンバーインタビューがやっぱり貴重すぎです。

今日はananですかぁ、ananに載るとかいうと「えっ!?」って一瞬あるわけないのにドキッとしますね(笑)
ヌードとかそっち?みたいなね(笑)

観覧に行ってきました!

このたび観覧希望に当選し、フジテレビの「Love Music」の観覧に行って来ました!

ネタバレはいけないみたいなので内容は詳しく書けないんですが、書ける範囲で当日のこと書き記したいと思います。
ながーいので、エレカシの様子は記事真ん中あたりです…w

今回は1人での観覧だったので本当にドキドキしました。
ライブとはまた違ってテレビ収録なんてのも勝手が分からないし
バッグの大きさはどうしよう、財布はポーチに入れ替えるか、とかいちいち悩んで疲れましたw

ドキドキな気持ちで初めて1人で乗ったゆりかもめ。
ちょうど夕暮れ時で、空のオレンジと青のグラデーション、キラキラ電気のついた沢山のビル群の窓にも空が映っていて
その下には揺れる海。ホントに幻想的でキレイで、思わず見入ってしまいました。
その時間で緊張してた気持ちがほぐれていきました。

集合は18時半にフジテレビの8番ゲート。と書いてあり、8番ゲートとか言われても絶対わからない…!
速攻インフォメーションのお姉さんに聞き、場所を確認。
行ってみると誰もおらず、時間までは並ばずに社屋内で待つよう看板が出ていたので
社内のローソンでパンを買ったり、お土産にサザエさんサブレを購入(笑)
集合場所の動きが見える位置で、暗がりの中1人不審に佇んでおりました。


この日はアレクサンドロスとエレカシの収録でした。
時間になって、ドロスファンとエレカシファンと、フジテレビ会員で当選した人の3つに分けて並ばされる。
それぞれのファンは80人ずつくらいでした。フジテレビ会員が20人くらいかな?
整理番号を自分達で前後確認して並んでくださいと言われたので、この時点でエビバデの方々とお話ができてホッとする。


今回来てたエレカシファンは20代30代の方が多い印象でした。男性も2~3人かな?
私も30代なので、同世代っぽい方々に囲まれて、気軽に話しやすく、楽しくお話しながら待ち時間過ごせました。


スタッフの指示で中に入り、鏡張りのダンスレッスンをするような広い部屋に案内され、
今リハーサル中なので本番までしばらく待つように言われる。
その場所に荷物も上着も置いて行くように言われました。貴重品は自己責任で。
皆整列して、座って待たされること40分ほど。
おしゃべりしてたのであっという間でした。

とうとうスタジオへ…!
もう緊張して胃がおかしくなり、一緒にいたエビバデさんも頭痛がする!とお互い震えていました(笑)


スタジオはステージが2つ用意されていて、1つはシンプルなステージ(アレクサンドロス用)
もう1つはエレカシ用の、葉っぱで飾られたファンタジックなステージでした。
こんなステージでエレカシやるとは、ちょっと意外。

最初はアレクサンドロスだったので、ドロスファンが先に客席(スタンディング)に入り、その後ろにエレカシファンが入りました。
ダーッと我先に!って前に行く感じじゃなく、スタッフさんの指示に従って入っていく、みたいな感じで
入った後にもスタッフさんの指示でちょっとずつ位置を修正される感じでした。

でも後ろと言えど全然近い!!!5~6メートルの距離!
これでエレカシのとき前だったらどんだけ近いのと震える。
やばいねやばいねと言い合う。


アレクサンドロスは割と好きなバンドなので楽しく聞けました。
歌うまいし、声たかい!!
やっぱりボーカルが良いバンドは良いね。

ディレクターさんから、手を挙げたりとにかくノリノリで!歓声もたくさんお願いします!みたいな指示があったので
私も「フォーーー!」とか「イエーー!」とか頑張りました(笑)あと手振りも。

2曲披露して、タイトルコールをその場で撮り、終了でした。


次はついにエレカシのステージ!
まずエレファンが呼ばれ、移動する。
ちょっと気持ちが焦って前のめりで移動しつつ、もう興奮してて今日会ったばかりのエビバデさんと腕組んで歩いてた(笑)

位置は多分どこにいてももう近いんだけど、私のいたところは宮本さんのド正面で、距離も3~4mくらい。
前に柵とか人とかとにかく何もなく、目の前が宮本さん!!
もうちょっと歩いたら触れてしまいそう、うっかり駆け出しちゃいそうですw
とにかく恥ずかしくて!!
確実にテレビに映ってしまう!という恥ずかしさと、宮本さんに見られる!!という恥ずかしさで
もう死にそうでした。

ドロスのときよりも客位置とかを凄い修正してて、ちょっと時間かかってました。

そして、エレカシ登場。
ひゃああああ!ぢがいぃぃ。


黒ジャケット白シャツに、黒デニム、ブーツのいつもの宮本さん。
近くで見たからか、いつもよりあれ老けた?って思いましたwでもカッコいいです!!
髪は少し伸びたような、分け目がくっきりな感じでした。
ズボンの後ろポケットのフチのところが擦れて白くなってて、だいぶ履きこんでるな~と思いました。
そろそろ替えどき?w

成ちゃんは黒い長袖カットソーでツバ広めのハット。
石君はあまり見てなかったので覚えてないんだけど、いつもの石君でした。短パンはなし(笑)
トミはかっこよかった!!(笑)なんか最近凄いカッコいいな!

キーボードには村山☆潤さんで、前髪長くてすごいかわいらしい雰囲気の方でした。
おなじみミッキーもいます!!

ライブハウスでもフェスでもない特殊な場所だけど楽しんでください的なこと言ってたかな?もう、うろ覚え…
ボソボソ喋ってたけど急に気合の入った声で
「エビバデー!!」っておなじみパーデンネンポーズでドーン!となりました。

宮本さんカウントで始まって、もうあっという間に駆け抜けました。
「でぇえええぇええええーーーーーー!!」ってところ、もう鳥肌モノだった。
音はスタジオ用だからか、ライブハウスよりも控えめな感じに聞こえました。
多分生演奏だと思う!2曲目は確実生演奏。


2曲披露で、1曲目終わった後に、ちゃんとメンバー紹介してました。
水を一生懸命ゴクゴク飲んでる姿と、その後に「ごめんね」って小さい声で皆に言っててキュン!

2曲目は何やるんだろうと思ってたけど意外な選曲でした!初めてきいた!!お楽しみに!


曲が終わって、そのままタイトルコール撮り。
早々と宮本さんが石君と成ちゃんの肩を自然と組み、そのまま2人をゴッチーンと頭合わせ寸前にして
成ちゃんのクールな顔がおっとっとって、ちょっと崩れたのがかわいかったw

よく写真で見る中学生みたいな肩組みエレカシが目の前で見れて感無量!!かわいかたーーー!
皆真剣にタイトルコール言っててかっこよかったです。ちゃんとやる!て感じが。
「せーの!」って宮本さんが言ってるのもかわいかったなぁ。

そのタイトルコール撮ろうとしてる最中に、ミッキーと村山さんが帰ろうとしてて、
慌てて2人を紹介する宮本さんが礼儀正しくてほんと素敵だと思いました。


無事にタイトルコール撮りOK出て終了でした。
最後は笑顔で「いい顔してるぜ!」と言ってくれました。皆そりゃあいい顔してただろうな~。
エレカシだけで15~20分くらい?あっという間でしたが、夢のような時間でした!



あぁ、何度も目が合った、絶対合ったーー!
曲中なのにニヤついてしまって大変でした。
私のために歌ってくれてる感覚に陥ってしまいましたよ(病気)
でも一番の気がかりは、客席がめっちゃ映るといわれたことです…気が重い~。
客はいいからエレカシをいっぱい映しておくれ~冷めるーーw

オンエアは11月20日だそうです。
豊洲PITの次の日!!興奮冷めませんね。


帰りは興奮冷めやらぬエビバデさんたちと一緒に帰りました。
最初の一人で挙動不審だった私はどこへやら!(笑)
優しきファンの方との出会いにも感謝した1日でした!!

月夜の散歩

今回の会報、宮本さんのインタビューでの
佐久間さんの話を読んでたら、佐久間さんのインタビューを思い出しました。

数々のアーティストのプロデュースをしてきた佐久間さんでも、「宮本浩次はダントツで歌がすごい」って言わしめるほどだと。
宮本さんも「いつもうまいって褒めてくれた」って言ってた話が、なんかお互いの思いがリンクして素敵だなぁ。

「Sweet memory エレカシ青春セレクション」に入ってる月夜の散歩、弾き語りだと思ってたんですが、佐久間さんのバージョンが入ってたんですね。
改めて聞いてみて、オルガンの音に優しさを感じてじんわりします。

会報きた~!

会報がきたぁ~!

大きくなって!!

今までの小さすぎる会報から一転、今度はでかすぎでポストに丸まって入ってましたけど!
でも大きいほうが写真も大きくていいですね!


内容はフェス、野音ライブ、アルバムのメンバーインタビューでしたが
宮本さんのインタビュー読んだら凄くじーんとして暖かい気持ちになりました。
ファンの気持ちを私達が思ってる以上に分かってくれてるんだなと。
セットリストとかも、お客さんのことすっごく考えて選んでくれてるんだなって分かって、じーん。

LIVE FACTORYでのライブまでの間は半年間公には音沙汰なかった状態で、
メンバーはブログもツイッターもやってないから
ファンにはエレカシの状態がさっぱり分からない状態だったっていうことも
改めて宮本さんが言ってくれると、ファンの気持ちに寄り添ってくれてる気がして嬉しかったです。

「ブログ」「ツイッター」なんて発言が何より新鮮でした(笑)
あと「きゃりーぱみゅぱみゅ」とか「miwaさん」「Purfume」なんてのもねw
ほんとにちゃんと言えたのかな、とか思ってw




野音はお客さんの緊張感とか、期待感とかって、演ってる側にも伝わるものなんですね。
そりゃめっちゃ期待してたし緊張してました~私も。

細美さんには野音の3日前にオファーしたとか、アンコールはぶっつけ本番だったとか
かなりびっくりな話でした!すごい。
でも細美さんのキーボード、そんなの全く思いもよらないほどハマってたと思います。

同じ楽器でも、たとえサポートメンバーでも、演奏する人が変わると違うものなんだな。
ガストロンジャーのときにキーボードの人すごいハマってるな~って思ったのを覚えてます。



宮本さんの思いたっぷりのインタビューを読み終わって、余韻に浸りながら次のページをめくると
石くんのインタビューの簡潔なこと!(笑)まぁいつものことだけど。
サラッとしてます。でもアルバムはめっちゃ良いと!!
今回トミがアニキ感たっぷり口調で、結構語ってくれた印象。


野音の写真も素敵でした。
中秋の名月とステージ。

最後の挨拶ショットも素敵!
宮本さんジャンプでかわいいし、みんな笑顔。
で、ほっこりしてるところに石君の衝撃の短パンが飛び込んできて笑っちゃう(笑)

でも改めて見ると、石君の足めっちゃきれー!!!(笑)
短パンだから余計に、スタイルめっっちゃ良く見える!!!
これなら短パンもアリかもです(笑)
だんだん見慣れてきて普通になってきてる(笑)

こりゃDVDますます楽しみです!


今週のスケジュール

■11/5 本 「音楽と人 12月号」

■11/7 ラジオ 12:00~17:00 FM802 「SATURDAY AMUSIC ISLANDS-AFTERNOON EDITION」
プロフィール

C-chan

Author:C-chan
2014年、エレファントカシマシのライブ映像きっかけで急激にファンになりました!
普段は幼き子供2人を育てる母でもあり。
たくさんのエビバデと思いを共有したいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR