2018年1月14日新春ライブ NHKホール

今日は不満が多いので、嫌な方はスルー願います~。
不快になったらごめんなさい(;_;)



1月4日新春ライブNHKホールに行ってきたのだけど感想レポが書けないまま今にいたってしまいました。

これまでライブレポをずっと書いていたけど、なぜかとっても書く気になれなくて
う~んと思いながらこんなにも日にちが経ってしまいました。


新春ライブは、全県ツアーが終わった後のライブということで、ツアーではやらなかった
あんな曲こんな曲やってくれるに決まってる!と勝手な思い込みで
ものすごい期待を抱いてライブに参加した私。

先にやった大阪のセットリストや感想も一切見ないようにとツイッター断ちして!

オープニングの、ドビッシャー男、夢のかけら、旅、はじまりは今、珍奇男、真冬のロマンチック、昔の侍、この世は最高!
と、ツアーでやってこなかった曲もやってくれて嬉しかったんです!

だけどツアーに引き続きなセトリや流れも多くて…
あれ、この曲たちまだやるの~?とちょっとがっかりが本音だったのです。


今回は2015年の新春ライブのときのように
読めないセトリで凄く予想外の曲が色々聞けるんでは!と勝手に予想してたので、
ツアーと大体一緒やないかーい!という思いが大きくなってしまった…。

でも改めて考えて見ると、ツアー終わって間もないし、紅白もあったし、これからさいたまスーパーアリーナのライブもあって色々練ってるところだろうし、新春だけで新しく色んな曲練習するのはやっぱ大変だよな。

ツアー引き続きの曲ばかりでもしょうがないね。エレカシフィーバー真っ只中だしさ。


こんなこと言ったら贅沢!!行けない人もたくさんいるのに!
聞けるだけで何の曲でもいいじゃないか!
宮本さんの歌声聞けるなら同じ曲何度でも構わない!

という気持ちも心の中にはいつもあるものの、
でもこれが私の感じたほんとの気持ちだし…と
とりあえず感じたことは出してしまいます!


ツイッターの色んな人のレポで、史上最大に最高だったとか、今までで一番素晴らしいライブだったとか
もう神!!みたいな(笑)そういう手放し大絶賛の感想を見ると、余計に自分の気持ちとの差に冷めちゃって
やさぐれ魂まで芽生えちゃって
これじゃアカーーン!!って自分もモヤモヤしていました。


いつだってエレカシのライブに行けば最高潮に感動させてもらえて、ものすごい贈り物をもらえる。

って、だんだん自分の中で勝手な考えが凝り固まっていて、素直にありのままを感じることできなくなってきてるような。
『感動しなきゃいけない』みたいな考えが少しでも自分の中にあるのが凄いイヤです。


宮本さんの髪が短いのと(笑)、あとトークがツアーと変わらずすごい長いのが今回はテンション下がってしまった。
曲前の解説はツアーだけじゃなかったの?!

NHKホールでやれることが凄く嬉しくてしょうがなくて喋ってる感じは分かったし微笑ましかったんだけど
なんか、、ほんとの宮本さんの心からの言葉なのかな?とか感じてしまった。

三島のライブで急にトークが全然なくなったけど、あのときはあれが正直な
宮本さんの気持ちでやってるライブ、って感じがしてよかった。


でも新春は、何かいつもの宮本さんのトークとまたちょっと違った感じだった。
何か世間向けっていうのか?おりこうさんな感じもして。
この雰囲気のライブで宮本さん良いと感じてるのかなあ?って疑問が沸いてきた。

宮本さん変わったのかなぁ…ってちょっと寂しくなるような感じがした。

トークの合間合間に拍手が起こるのも、もうそこまでしなくて良くない?って途中から冷めてきてしまって
お客さんの超ド級の祝福ムードと私の気持ちが合ってなかったな。
だからエレカシの問題じゃなくて、私の問題なのかなって気がします。

宮本さんが喜ぶことをしてあげようって客の雰囲気が苦手なのかも。
ほんとに心からそう思うなら反応するけど、調子よくないときも大喝采、面白くないトークのときでも大笑いしてあげて、とか
大して拍手するような内容じゃないときも拍手、とか、
そーいうのいらないっすわーーーー!

私が単にへそ曲がっててそう感じるのか?その可能性も大なんだけども。

いつまでも鳴り止まない拍手と会場のあったかムードの一体感、とかそういうの
何か皆事前にツイッターとかで見てあえてやってない?って私のひねくれ精神がうずいてしまって
もうもう素直に楽しめないのです。でも自分だって凄く感動したらそうなるんだけどさ(笑)

エレカシってこんなじゃないだろ!?激しくて熱くて本気で全力で!
客の反応なんて気にしないで突き進んでくれ!みたいな謎の思いが心に沸いてて
それが素直に楽しむ気持ちをジャマしていると思います。

私の心がこのままずっとこんな感じだったらどうしよう!って不安。
今はライブハウスでエレカシが見たい。
トークなしでいいから。
っていうきもちです。

あーないものねだり~~!!


でも、珍奇男すっごく良かったし、全員の演奏が凄くてやっぱりすげええ~~!って熱くなった。

真冬のロマンチックが会場すごく盛り上がってて、2015年の新春で聞いたときは周り見ても私と姉との2人しか盛り上がって拳上げてる人いなかったな、とか思い出してジーンとしたり。

この世は最高!も最高に盛り上がりのタイミングでやってくれて、最高でした。

昔の侍は、涙が出そうになるほど染みた。


すっごい良かったところもいっぱいあったのに、私の雑念のバカやろう~!!
楽しめよー純粋によ!!!

世間の皆さん私はバーカでしょうか~

さいたまは全力で楽しんでやる!!!

対バンライブも当たったし!
マサムネと宮本さんがコラボしますように。祈ってます。(あ、また期待値あげちゃうw)
スポンサーサイト

2017年11月26日 三島市民文化会館 30th ANNIVERSARY TOUR 2017 ”THE FIGHTING MAN”

ツアー残り3本の

「三島市民文化会館」 !!


私にとっての初めての「地方」参戦。

先週の大宮から2週間連続でライブに行ける幸せ噛み締めながら、電車にゆられて行って参りました!


私の場合、大人の余裕ゼロなので、せっかく地方に来ても目的の「ライブ」以外他のこと考える余裕ナッシング!

観光地回る、とか特産物食べるとかそういったことできませんでした。

ちゃんと迷わず会場に時間通りたどり着けるか、ただそれだけだー!



たどり着けた三島市民文化会館。



ご当地スタンプ。茶つみカシマシ!かわいい!









今回私はツアー至上最高の席で、ど真ん中の4列目でした。震えました。

席につくと、ステージ上の冷気がガンガン効いていて観客席にまで冷気が流れ込んできて、めちゃくちゃ寒かった!😱


いつもトイレとか行かなくても平気なタイプなのに、開演直前に慌ててトイレに駆け込むハメに。

女子トイレはいつもどこでも長蛇の列!!
なので、他の場所で早めに済ませておくのが理想です。

とにかく、席が前の方になったときは寒い!と覚えておくべしー!!


17時半から5分遅れくらいでスタート!

暗転したステージに出てきたメンバーたち。

宮本さん以外のメンバーは皆黒いスーツに黒シャツ。

宮本さんは白いシャツに黒ジャケット黒ネクタイ黒革靴。

そして短髪!!!

これが短髪ミヤジかぁぁ!
渋い!渋いーー!!

そしてやっぱり宮本さん極細…おどろきます。

宮本さんが成ちゃんに合図を送り、「歴史」スタート。

トミのドラムの前、宮本さんの後ろに宮本ギターのアンプがあって、私のモロ真正面だったのですが
これがものっすごい爆音で!!

いまだかつて経験したことのない、危機感覚えるほどの爆音でした💦

宮本ギターの音で、宮本さんの声が聞こえづらくなるという事態に!(私の席付近は)

隣の人も耳を押さえていたので、多分同じ状況だったと思いますw

まず開演前にローディーの丹下さんが宮本ギターを鳴らした時点で 「あ、これ今日耳死ぬな」と思いました(笑)

宮本さんの声はもっと遠くの方のスピーカーから聞こえてくる感じで、とりあえずどの曲も宮本ギターにガーン!!と打ちのめされ続けましたw

もっと後ろの方で聞くとよい感じにバランスよく聞こえたのかな?

前の方はこんな風に聞こえるものなのかー??
ちゃんとミヤジの声を全力で浴びたかったので残念ポイントでした。


今はここが真ん中さ!が始まると
「三島ーーーー!!」と宮本さんが叫ぶ。

もう私は間近に迫る宮本さんに目を奪われすぎてて、歌にぜんっぜん集中できず!w



「ハロー三島!」で始まったハロー人生では真っ赤に照らされる短髪ミヤジが、奴隷天国の頃の宮本さんとリンクしてた。

最後の方は石君が頑張ってコーラスしてました!



デーデはトミのカウベルなく、宮本さんが爆音ギターでイントロを弾いたと思ったら歌い出した。

でも「ため息ばかり~ついてたら~何もできないさ~~‥ため息ばかりついてたら~」って繰り返して歌うので、メンバーみんないつ入るのか、じっっっと宮本さんに集中しているのが、私もハラハラした・・・!

演奏が入っても宮本さんだけ一節先を歌っていて演奏となんか合ってないようで‥

大丈夫か?!とドキドキしたけど、いつの間にかちゃんと合ってた不思議。
さすがです!

終わってからいきなり宮本さんが何かボソッと言って「ヒャハハ!!!」とメンバー見ながらめっちゃ笑ったので、なんだ?!と思ったけどなんだか分からず(笑)

すっごい無邪気にでっかい声で笑ってたのよ。
超気になる!


それとは関係なく、MCに入ってからいきなりお客さんに向かってちょっと笑いながら
「バカやろっ!!」と叫んで、その後普通にMCしだしてほんと意味不明でした(笑)

なんだったのか!
前日京都の生命賛歌で、ビートたけしのごとく「なんだバカやろう!!」って連呼してたらしいので、それの名残かな、と思いました(笑)


三島市民文化会館には2002年に一度来たことがあって二回目だそうで。

太宰治が好きな関係で三島にはずっと観光で来たいと思っていたんだけど、まだ来たことがないのだそうな。

水がキレイなんですよね、と。

私もこの地に来て水がキレイなんだって初めて知りました。


このツアーでは曲の説明をしようと、たくさん喋るって最初から決めていて、 大阪城ホールで30周年記念コンサートをやったときに、結構うまく喋れてるなと自分でDVDを見て思ったらしい。

それでツアー中もうまいこと喋れてたんだけど、喋るのもパワーを使うってことに昨日(のライブ)で気づいたらしい!
それ、気づくの遅すぎやしませんか?!(笑)

なので、今日のライブは曲の説明を少なくして、新しいスタイルでやっていくとのこと。

ここに来てスタイル変えるとは!!凄いや。



この30周年ツアーの歩みを説明しはじめ
「3月に大阪城ホールで30周年のコンサートをして、前半が7月まであって、8月はフェスとかに出て 9月から後半のツアーを回ってももう8ヶ月近く回ってきて・・・
で、人生何が起こるか分からないですね~」

どのタイミングで紅白に話つなげていくんだ!?ってずっとたぶん会場中が思ってたと思う(笑)

紅白の話に持っていきたいんだろうなってのがバレバレだったので会場からはクスクス笑い声が発生していました(笑)



そこでようやく紅白に出るっていう話になったので、おめでとうの拍手の嵐!!

でもここまでひっぱっといて多くは語らずでした。

今日はMC少なめだからね!

なんだか残り3本と終わりが迫ってきてるからか、この日は落ち着いて、より丁寧に丁寧に思いを込めて歌っているように見えた。MCもふざけたりせずいたって真面目な調子。

でもよくよく考えて見ると、木曜、土曜、とライブやって日曜の三島だったから、単純に疲れてたんだろうなと思う💧


悲しみの果ては凄いオーラを感じた。

もうこの曲やった瞬間、一気にカリスマ度が跳ね上がって神々しかったです。
やっぱり悲しみの果ては別格だな!


MCなくどんどん今宵、戦う男、風に吹かれて、と続く。


風に吹かれての間奏の宮本さんギターソロ、あのCDの通りのギターを弾いていた!!

今までライブ行ってきて初めて聞けたかも!?

曲のイントロから宮本さん、その場で即興ソロフレーズを弾きまくっていたので、もしや間奏もあのフレーズでやってくれるのでは?ってほんのり期待してたんだけど、まさかのまさかのー!

この間奏フレーズ弾いてる昔のYoutube動画が大好きで、めちゃくちゃ生で聞いてみたかったから、あれを弾いた瞬間大感動で涙ウルウル。


だって、”CDに忠実にやる”みたいな話をツアー最初にしてた気がするのに、そこは違うんかーい!ってこのギターソロの度に毎回思ってたの。

もうこれだけでこの日思いが報われて満足でした!



「戦う男」は、間近で見るトミの度迫力ドラムが凄くて、終始トミにくぎづけに。

ほんとに戦うトミ、って感じで和太鼓乱れ打ちしてるんではってくらいの迫力ですよ!!



「翳りゆく部屋」
最初からもうマイクがっしり握り締めて、体斜めになりながら、凄い絞り出すように歌ってた。

最初の「窓辺に~」のところはウィスパーボイスチックに歌ってて、感情がものすごいこもってて心にギュンギュン突き刺さった。

珍しく歩きながら歌い出したので、目の前で「どんな運命がー!」のところ見た。

ほんとに全力、体の全部使い尽くして歌ってるのが分かってすんごかった!!あんな力込めてるんだ、近くで見ると凄まじい迫力だった。
あの姿光景忘れない。



ほとんどMCなく、桜の花舞い上がる道を。

桜が嫌いとか喋りまくって時がウソのようだ!


笑顔の未来へは、トミが合わせて口ずさんでるのが見えて胸熱!

私の席から宮本さんは一席分右の位置だったので、トミが私の真正面に位置していて。 宮本さんとはあまり目が合わなかったけど、トミとは凄い目が合った気がしたのおおお(笑)

そのたび凄い恥ずかしい気持ちドキドキ!
乙女の心になりました(笑)



今を歌えの前のMC
「エレファントカシマシには凄い良いビデオがたくさんあるんです! いや~~良いビデオなんですよ… 私は笑顔の未来へなんかがお気に入りでしたね…」

ビデオに出てる女の子が子供なりに気を使って元気に振舞ってくれたのが健気だったというようなことを言ってた。

やさしい大人の目線でジーンとした。


「今から歌う”今を歌え”のビデオでは、正面から見てきっちり七三にしたけど、後ろからばっかり映ってて全然見えなかった!!後ろから見るとスフィンクスみたいになってる!」て言ってて会場爆笑だったけど、よく考えてみるとどういうことなんだ?(笑)


今を歌え。宮本さんが大きくカウントして始まった。曲の入り方が難しそう。

サニーさんとの美しいハーモニーが良かったなぁ~。
こんなの普段エレカシの曲では味わえないから不思議な感覚。


曲が終わって"3210"の準備で丹下さんがアコギを持ってきて、それをサッと受け取った宮本さんがすぐに

「悲しい~ときには~涙なんかこぼれない~」

と!!

おお!ちょっとだけ歌ってくれるのかな?って聞いてたら最後まで歌ってくれたじゃないですか!

嬉しかったぁぁ!
弾き語りギターもばっちりだった。

この、いきなり宮本さんが歌いたくなって歌ってくれる感じが最高に嬉しい、ありがたい。

そのまま3210に突入。
涙を歌ったのでご当地ソングはなし。

「皆行こうぜー!無理やりにいこうぜぇぇ!」と叫んでたのが新しくて、宮本さんの心境なのかな?と後から思ったり。
絞り出してたもんな。


RAINBOWに入るまでの、会場の静寂。

宮本さんちょっとゆっくりめにアコギを下ろして、マイクの前で一息ついて、その間も会場中しーーーんとしてるのがドキドキだった。


一気にRAIBOW爆発!

前回のライブでは個人的にちょっと冷めてたとか言っていたのだけど、目の前で見たらやっぱり興奮せずにいられませんでした。

こぶし振り上げ思わず一緒に歌っていた。

「月の光俺を照らしている」で天を仰ぐ宮本さんのシルエット、美しすぎて涙出そう。

やっぱりRAINBOWは最高だ・・・。

宮本さんが戦っていて、私たちも参戦して援護してる感覚っていうか。
一緒にボロボロになりながら突き進んでいく感じ。

前回の私、バカやろうっ!!

会場中大歓声で、大興奮だった!



その後すぐガストロンジャーのギターをミッキーが弾き出しライトも赤くなったんだけど、宮本さんがそれを静止。

急に宮本さんが前に出てきてマジな顔して

「みんな、周りの人に聞いてごらん?俺がヒーローだって。 お父さんに聞いてごらん?俺がヒーローだって言うから」

ちょっと合ってるか分からないけどこんな感じのことを凄いボソボソっと言ったので、 みんな聞き取りにくく、ちょっと「????」な空気になった(笑)

でもあの顔がすっごい真剣な表情でカッコよかった、、本気の顔って美しい!

反応が微妙だったからか?(笑)
素に戻って「はい、」ってミッキーに指示してまたガストスタート!


間奏、ナナナナナナ~と歌いながらのサニーさんとミッキーに絡みあり。

「君の全てが見たい」と鼻血なセリフを言ったかと思いきや 「見たいタイタタイタイ!!タタイタイタイッ!!」って言ったので笑った(笑)

高速で「三島ベイベ三島ベイベ三島ベイベ三島ベイベ!!」言ってました!



俺たちの明日の後MC。

「10代20代30代って歌ってて、今50代になって "30代愛する人のためのこの命だって気づいた"って言ったけど、40代はまだまだお金もほしいと思ったり(会場笑い)、
50代はやっぱ自分のために生きたい!って思ったり、まだまだそういう50代60代の歌も歌っていけたらと思ってます。」


そして一部最後の「風と共に」

届け!!といわんばかりにマイクの前でヤッホーの手の形で歌い、片手バンザイポーズで体全部で歌ってて、その姿に思わずグッときた。

曲が終わった後、すっごくホッとした宮本さんの表情を見た。
それもグッと来てしまった。

あんなに全身全霊込めて歌ってるんだもんね、声も辛いのにしっかり出てて素晴らしかった。

「一部終了です!みんなありがとう」って言った後に何か言おうとしたんだけど
まぁいいやって感じで笑ってマイクをやさしく床に置いたの、 心わしづかみされっぱなし!!

マイク投げてた過去の宮本さんはどこへ行ってしまわれたのか?ほんとにやわらかい表情でした。


そして一部中ずーっとネクタイつけたまま歌ってたの!!前は3曲目くらいでもう取ってなかった?
もう外さなくなったのね~。慣れとは凄い。




2部!!

宮本さんは黒シャツに着替えて登場!
宮本さん仕様のH.Mの刺繍入りのNハリのやつです。


ズレてる方がいい

最初の宮本ギターの爆音で耳がやられ、曲最後のビーーーーン!!!ってずっと響くギター音もあれよく耳が辛い(涙)

でも間近で見る大迫力のエレカシの演奏はすさまじくカッコよかった‼


奴隷天国はもう会場のテンションがすごい‼
あの演奏始まると止められないよな。
当時の頃のような髪型で鋭い目つきで歌われる奴隷はしびれました。

最後の「何うなずいてんだよ」って言われるとこは間近で見たらやっぱり怖い(笑)
ノリながらもビビりました^^;



「レディースエーンドジェントルマーン!!
グッドモーニーーーーーング!!!」

と絶叫して始まったコールアンドレスポンス!

ひゃぁぁ初めてレディースアンドジェントルマンありで聞いたよ!
そんなバージョンがあったことなど頭からすっかり忘れていたので嬉しすぎるサプライズ!

超カッコよかった!!
俄然テンションアップだぜ~!!


前回びっくりしたトミのドラムに注目していたけど、眠りたいお前の胸の中甘くて~のところはやっぱりドコドコドコドコ‼って叩きまくってた。
今まで気付かなかったのはなぜなんだ?新しく入れたのかな?とにかくカッコよかった。

今日は声辛そうながらも「誕生以来51年」って年齢言ってました。

コールアンドレスポンスって毎回聞いててすごく高揚してくるし、この音を浴びていられる時間がすごく幸せに感じる!


死刑宣告されて、会場中ワァァー!!!!

以前はあまり死刑宣告にお客さんの反応がなくて、私的にもの足りなかったので、このワー!をみんなで盛り上がれて満足気分でした。

サビで宮本さんが急に
「カモンカモンカモンカモンカモン!!」と歌うので、なんだ!と思ったけど、そういえばCDにカモンカモンのコーラス入ってるね!と、その時思い出した(笑)

原曲に忠実!!


なんの曲だったかな?ジャケットを羽織ったから二部だと思うんだけど、羽織ったジャケットの中でシャツの袖が中でクルクルしちゃってなかなか戻せなくてモゴモゴしてた(笑)

「何も考えなしに着るからこういうことになるんでしょうね。」とか言ってたような。

その間に、みんなに肯定してもらってる感じがようやく分かって嬉しいんだっていう話をしていたんだったかなー。





生命讃歌

イントロ、宮本さんが頭上で青いタンバリンをシャンシャン叩きまくり、会場も手拍子でこたえる。

手拍子の生命讃歌なんて!何が起こるかわからないね。


人口の多い~♫のところでステージ前ギリギリのところで歌ってたんだけどマイク持つ小指がピーン立ってました(笑)すごいキレーに!

でも今回は他の会場のように変な発言や奇行はなかったんだけど(笑)

しかしものっすごい曲に入り込んでて、もう凄いとしかいえない‥ほんと言葉にならない~!!



RESTARTでは石くんが頭ブンブン乗りまくってて、それを見てこちらも更にテンション上がる~!

この曲になると盛りあがりが凄い!!
楽しすぎるかっこよすぎる!
声はやはりだいぶきつそうだったね💦しかたない!



大好きな曲で、ライブで成長してきた曲です!
と紹介して始まった「夢を追う旅人」

ステージの左右の花道まで旅して歌ってました。

そっちに行っちゃうと私からは見えなくて、
風は木々をゆらし~で、めっちゃ手降って揺れてるところしか確認出来ませんでした(笑)

なのでステージ上のメンバーを見ていたんだけど、みんな宮本さんを目でしっかり追ってたなぁ。


声きついのにもう体中振り絞って出しきってる様子がほんとに凄かった。
それでちゃんと出るんだからどれだけ体力使ってるんだろうって思った。



ファイティングマンで石くんが前に出てきてリフを掻き鳴らし、かっこよかった!!石くんも髪切ってほんと男前だった!
学生時代モテてたのがわかる、男前度上がってるー!

宮本さんフラフラになりながらも歌いきって、最後はメンバー集める気力もない感じでなかなかステージ前に集まらないから、もしかして最後の挨拶ないのかな?と思った。

でもみんな徐々に前に出てきてくれて、トミが隣の成ちゃんの手をガシィッと上から握った瞬間がかっこよすぎて興奮(笑)

でも宮本さんがみんなの肩を組みだしたので手つなぎ解消。
前におじぎ、終わったと思ったら右におじぎ、左におじぎでなかなか終わらずメンバーみんな苦笑い(笑)

ありがとうと言ってはけていく。

終わらないで~!まだまだ見ていたい。


時計を見たらまだ2時間半だよー!
MC削ってるからいつもよりだいぶ早い。

これでアンコール1曲だったら悲しい。


すぐに出てきたメンバー。

宮本さんは、30周年の黒Tシャツで出てきたんだけど、寒かったのか男椅子にかけてあるジャケットを羽織りだした。


石くんがアコギを持ってたので何の曲?!?と思ってたら、

ズドン!「さ~ゆくぜ~!」

と始まり会場歓喜!!

「ベイベー明日は俺の夢」だぁぁ!

このツアーでは新曲なのに聞けないのかなぁってあきらめてたからすっごく嬉しかったー!

お客さんがもうすごく盛り上がって、嬉しいって気持ちが会場充満してた。


アンコールは2曲もやってくれて、この流れでソーメニときた!


こんな喉辛そうなのにこんな激しい曲をやってくれるその気持ちが嬉しすぎた。


もうみんな凄く盛り上がって、その会場の雰囲気に宮本さんもどんどんテンションが高まってピョンピョン跳ね出す感じがたまらなかった。

オーイェーー!!で会場皆の声が聞こえてきて感動で震える!嬉しい楽しい大好きー!

完全燃焼でした!



そして私の最後のツアーが終わった。
多幸感余韻すごかった。
今もまだ夢から覚めれてない。

ほんとに、もうあと2公演で終わっちゃうの寂しいな。

本人たちは、終わってホッとするのもあるだろうけど、1年間ライブが生活の一部になってずっと全国回ってきて、ぽっかりココロに穴があいてしまうんじゃないか?と心配だなぁ。
3月の埼玉スーパーアリーナもまだあるけどね。

体壊さないようにしてほしいなぁ、どうか!!

紅白と新春ライブを楽しみに待ちたいと思います!


はぁぁー、すでにエレカシロス!!





第一部

01 歴史
02 今はここが真ん中さ!
03 新しい季節へ君と
04 ハロー人生
05 デーデ
06 悲しみの果て
07 今宵の月のように
08 戦う男
09 風に吹かれて
10 翳りゆく部屋
11 桜の花、舞い上がる道を
12 笑顔の未来へ
13 今を歌え
14 涙
15 3210
16 RAINBOW
17 ガストロンジャー
18 四月の風
19 俺たちの明日
20 風と共に

第二部
21 ズレてる方がいい
22 奴隷天国
23 Ladies and gentleman
24 コールアンドレスポンス
25 生命賛歌
26 RESTART
27 夢を追う旅人
28 ファイティングマン

アンコール

29 ベイベー明日は俺の夢
30 so many people

2017年11月19日 埼玉 大宮ソニックシティ 30th ANNIVERSARY TOUR 2017 ”THE FIGHTING MAN”

なんと5ヶ月ぶりのライブだった!

後半戦ツアー初参戦、大宮ソニックシティ!

14:30からグッズ販売とハンコ押印開始なのでそれに合わせて会場に行くも、長~蛇の列列列!

寒空の下待ちに待っていたら、チケット押印の人だけピックアップされて、急にハンコテーブルの前へ。

助かった~!後半戦のエレカシスタンプも欲しかったけど、朱印帳ない組なので仕方なし。

大阪城ホールのときは何でも押せたのにねーっ!







さてこの日の私の席。
この広い大宮ソニックシティの

2階最後列!

というミラクルな席でした(笑)
PAO先行で取ったというのに!!

こんなことってあるんですね。
とれただけ良いってことかな‥。

こんなことも2度とないだろう(ないと言ってくれ)と思い、存分に後ろからの景色見尽くしてきましたよ!

幸いなことに大宮ソニックシティのド真ん中!でした。



髪を切った宮本さんを見るのは初めてだったが、なんせ1番後ろなのでよく分からなかったという感想。

短い感じなのは分かるけど、髪型とかぜーんぜんわからず!

石君は髪の短い少年に見えました(笑)


でも!
音で今のエレカシの全てを感じたぜーー!

久々にエレカシの音に包まれる幸せをかみしめました。



1番後ろだから後ろから迫りくる歓声が聞こえないためか、今日はあまり盛り上がってないのか?と錯覚した。
神奈川のときは1階にいて爆発的な大歓声に衝撃を受けたから。

それともこの日はお客さん落ち着いていたのかな?
最初の方は盛り上がりも控えめかなぁーと感じた。


だけど宮本さんは最初からエンジン全開で、歴史でシブくキメたあとに「大宮ーー!!」とタンバリン叩き鳴らし今はここが真ん中さ!スタート!


宮本さんこの日はトークも曲もとっても丁寧に真面目にやってた印象だったな。

テンションが低いってわけじゃなく。
それも凄く良くて、私たちも曲に集中できた。




いわゆるベストのセトリなわけだけど、今ではこのベスト曲たちを聞けるのがとってもありがたくて、そしてほんとに良い曲だって思える。

私もライブとともに成長してるのかなぁって思った。

前なら、またこの曲やるのかぁなんて思ってた曲たちも、ほんとに何度でも聞きたいと思う。


悲しみの果ても、今宵も、桜の花も、俺たちの明日も、笑顔の未来へも、全部最高。

声も凄く良く出てた!
魅力しかないカリスマ。



ハロー人生で、石くんが自ら前に出てきた姿を見て、まさかのハロー人生で涙ぐんだ私(笑)

でも、それは事前に宮本さんが前に出るように打ち合わせしてたらしい(笑)

なんだやっぱり石くんは自分の意思で動かないのかい??


しかも石くんが宮本さんに向かって超至近距離でコーラスしたので、宮本さんが腹を立てて怒鳴っていた。

私は前に出すぎで怒られてるのかと思ってたんだけど、あとからMCで
「すぐ近くでコーラスするから凄いびっくりしました」
って余韻が消えないらしく、次の曲の紹介になってもその話ひっぱってた(笑)

よほどびっくりしたんだろね。
耳が聞こえなくなっちゃう!って言ってたよ~
石くんドンマイケル‥




今回初めての2階席だったんだけど、いつもはメンバーに隠れて見えなくなるトミのドラ厶さばきがみ放題でした!

スリムな宮本さんの後ろで、その2倍くらいの体でどっしり演奏してる姿はとっても頼もしくて、激しくかっくいいーー!

戦う男とか、しびれまふ。



悲しみの果ては、四畳半の部屋のイメージがしたそうです。

当時FM802でヘビーローテーションっていうのがあって(?笑)
そこで四月の風をたくさんかけてくれたけど、CDでは悲しみの果てを一曲目にしてくれ!とお願いした話。



今宵の月のように。

当時は良質な音楽番組が今よりたくさんありまして。(今もいい音楽番組はありますよ、とフォローしてたw)

当時は4人だけで生演奏でやってた。
今では曲のバリエーションが増えまして、ミッキーやサニーさんに手伝ってもらってるけど、当時は4人だけでやってた。

自分で言うものでもないんですけど‥みたいなことを宮本さんが言った瞬間、会場中が紅白の話を察知して拍手喝采だった。

「年末は紅白見ながら夜遅くまで起きて、ゆく年くる年を見て、お年玉をもらって‥
2DKでね、4人家族でしたから。」

ってミヤジ少年の幼き日エピソードを懐古。


今宵の月のように、最近凄くしみじみ良い曲って思う!泣きそうになった。




風に吹かれて

「自然発生でお客さんが手を振るようになりまして
私がやらないもんだからあっちこっちで手がバラバラになってる。でも気にしないで下さいね!!笑」

私はみんなの動きを気にしながらも、手は振らなかったけど、今日はみんな意識してか??w
2階最後列から見てもわりときれいに揃ってました!

終わったあとも、宮本さん「今日はいつもよりわりと揃ってたように思います、いや凄く揃ってました!」と言ってたw




桜の花~で、ステージのライトがさくらの花みたいな模様になってたことに、2階席から見たからか初めて気づいた!
桜の花びらのステージみたいで素敵だった。


翳りゆく部屋のMCで
学生時代は女性を神格化をしていた話

井上ヒトシくん(笑)という友達がいて、
「高校の3年間くらい男子校にしようよ」と言われ「そうかぁー」と思って男子高にしたらしい。

そんな適当に決めたのか!笑



今日は桜の花が嫌いって話もなかったし、野茂英雄もドラマの話もなかった。

ツアー前半戦よりもMC控えめだったな。

でもその代わり浮足立たずに凄く丁寧に一曲一曲MCも含めやってるって感じがしたし、一曲一曲にこちらも集中できて、テンションキープしたまま最後までグワーっと盛り上がる感じがたまりませんでした。



新曲の「今を歌え」
入りがちょっと乱れた?
高音は声が少し苦しそうだったけど、ささやくような裏声とか凄くきれいで。
とにかく良い歌!!!と思った。

サニーさんとのハモリも素晴らしくて、聞き惚れちゃった(ややサニーさんよりに)

サニーさんは凄いなぁ、宮本さんのこと食いかかってないか心配になったよ笑


後半の、今羽ばたけ~ってたたみかけるところ特に好きだから、すごくじーんと感動しました。

今、羽ばたけ~の「は」の部分のちょっと翻る感じのところね。たまらん。



3210が始まる前に、ご当地ソングを歌い出し
「埼玉~大宮~、俺は中学生のころ、なぜか洋服を買いに荒川を超えて川口まで来たのさ~川口までー!」ってかっこよく歌っていました。

川口まで!!
なぜに川を越えてまで。



その後「サンニーイチゼロ!!」

ジャージャッジャージャー♫会場の温度高まる!

RAINBOWまでの静寂も見事に会場中みんな集中しきり、暮れゆくまっちの!で大爆発でした。


でも最近ちょっとRAINBOWが「芸」っぽく感じられてしまって私。
もちろんもの凄いんだけど、お決まり感が強くなってきて、ちょっとほんとの心の底では冷めてた気がするのがなんか寂しかった、自分自身が。

でもきっと次のライブとかですぐ、やっぱ凄すぎ最高だった!とか言ってると思うけどね(笑)



会場大盛り上がりの流れでガストロンジャー!

なんか原曲にもとづいたテンポといった感じで、凄いどっしりしたガストロンジャーだった!

宮本さんも落ち着きながらも熱い闘志を燃やしている感じ。
でもこれが盛り上がらないってわけじゃなく、かっこよかったんだこれがー!

いつもみたいにガニ股手のひらヒラヒラしながらのナナナナナナー!とかなかったし笑

サニーさんやミッキーに絡んだりもせずピョンピョンしたりもせず落ち着いていた!

間奏の楽器の掛け合いとかもやらず、一定のテンションで進んでいくのが凄く新鮮で、なぜか凄いテンション上がった。

なんでこんなにかっこよかったんだろう?!
不思議だぁ。




四月の風の間奏の手拍子、もう会場も4拍に1回って分かってるから、みんな頭上で手を広げて待ってる姿がかわいかったなーー。

宮本さんもお手本の先生みたいにやってるし。

直線上にいる1番前の宮本さんと1番後ろの私で繋がってる気分になれました(笑)


四月の風は聞いていてふいに目がうるうるしてしまい、目が潤って遠くまで良く見えるようになったので良かったw

ふいに急に歌詞が突き刺さる。
思いもよらないところで。


立て続けに俺たちの明日と風と共にで涙腺崩壊しました。

泣けすぎる!!
なんていい曲歌ってくれるんだよミヤジ。
なんでそんなこと言えるんだよ、ありがとう。


風と共にってどんどん好きになってく。
ていうかどれも良い曲すぎませんか!

宮本さんてなんでこんな素直な曲かけるの?
泣ける。



風と共にが終わって、一部終了なんだけど、なんか名残惜しいのかなかなかステージ去らない宮本さん(笑)

みんな凄い集中力だぜ!!!とたくさん褒めてくれました。

あまりに出ていかないので宮本さんだけ弾き語りでもやってくれるんじゃないか?と期待してしまったじゃないさ!

ややおくつろぎ下さい?だかなんだか言ってはけていった。



2部!!

ズレてる方がいい、は私の心にいつ突き刺さるのだろうか。なかなか刺さらんのよね‥

最近最後おかわりしなくなったね。
ちゃんと自分で絶対締めたい!!ジャン!とか他の曲でもやらなくなった気がする。



そしてそしてお待ちかね奴隷天国!!
後ろから見てたらもうお客さんのノリが凄かったー!凄い縦ノリ。

みんな踊りまくっててテンション上がった。
踊れい!踊れい!だもんね。


トミのドラムがほんとかっこいいし、凄い良かったーー。
すっごい盛り上がった。楽しい、毎回聞きたい。



こっからコールアンドレスポンス、生命賛歌、新曲RESTARTで、最高すぎて昇天さ~。



コールアンドレスポンスね、
「眠りたいお前の胸の中甘くて」のところが大好きなのでいつも集中して聞いてるんですが、
集中してたところに不意打ちのようにトミのドラムがドルルルルルラァァァ!!!って鳴り響いて度肝抜かれたんですよ!!

上から見ててもトミが急に
秘技!ドラム乱れ打ち!とばかりにドルルルァァァ!!!って動き出して凄いびっくりしました。

というわけで全部トミにもってかれました(笑)
かっこよすぎたんですけど。
あれはもう一度絶対チェックしたい。



生命賛歌は、埼玉だからさきたま古墳群だしなんかスペシャルな感じを期待したけど、案外脱線のない原曲に忠実な生命賛歌だった!w

凄いカッコよかったのは言うまでもない。

出だし?イントロの部分がめちゃくちゃカッコよかった。説明はできないのだけど。

宮本さんがまずあのイントロを弾き出したんだけど、その後皆が入ってきてさ、こんなかっこいいイントロ曲ある!?ってしびれた。

てかそんなカッコイイ曲が古墳の歌だし、もうわけわからなすぎて最高!!!

途中間奏部分で宮本さんがヨボヨボな感じで前ににじり寄ってきて、変な奇声を定期的に発してたのが凄いヤバかったw
なんなの!!意味が分からなすぎる!



こんなに大盛り上がりのところでRESTARTが始まるっていう、最高に最高を重ねすぎてる!


RESTARTの演奏かっこよすぎだよ‥Bメロに入っていくところとかもーしびれまくり。

全身で最高感を味わってた!幸せだー!

声は苦しそうだったけど、演奏が曲が最高過ぎて、誰もがそんなの関係ねえ!って感じでした。




夢を追う旅人

この曲あったな、もはや懐かしい!と思った。

Aメロのギタージャジャっ!ジャジャっ!のところ石くんめっちゃノリノリで弾いてて少年のようだった。

そこへ「時は流れ大人になった昔の少年!」ってミヤジと石くん向かい合い、ミヤジがお互いを交互に指差すからあのシーンは泣けた。

2人共髪を短く切って少年のままのような2人なんだものー!

中1時代からそのまま大きくなった2人。
今もこうして一緒にくっついてさ。

面白かったのが、風は木々を揺らし~のところ、いつも宮本さんが手を左右に振るんだけど、今日はなんだかみんなやれ的な雰囲気で、お客さんなかなか速いスピードでちゃんと手を左右に降ってて笑ったw
私はええー!そこもやるのー?!と笑ってできなかった。木々を揺らす手振りをみんなでやる意味!




ラストファイティングマン!
間奏中マイクをおいてスピーカー越えて左端へ走り、最後終了間際に右端へ走りファンサービス。
マイクを置いて走るところが新鮮だった。


「ベイビーファーイティングマン!」
客「フーッ!」

って言うのなにあれ!!

今までのお決まりだったかのように会場に響き渡るほどお客さんフーッて言ってて戸惑い!w

Twitterで、前日の群馬でミヤジが耳に手をあててそうやるように煽ってたようなことを見ましたが、それであの浸透率って凄すぎないですか??w

エビバデ優秀!


2部終了で、メンバー皆で肩組んでお辞儀。
しながら前にズズズズズッ!って6人で出てくるの初めて見たかも!微笑ましすぎたぁー。



アンコール

宮本さん黒シャツの上に30thTシャツ着て登場。
2階から見ても何か変なのは分かりました(笑)


待つ男!!

久々聞いたよ。

真っ赤なライトのみで照らされるステージに集中してみてたら、周りがますます真っ黒になっちゃって、赤いライトのミヤジ1点とだけ脳が直結してる感覚で、脳みそが混乱しておかしくなりました(笑)
吸い込まれそうな感覚!!


途中Tシャツを脱ぎ捨てたら、黒シャツ全部はだけてた(笑)
いつの瞬間にこーなったのか!!


ダダドゥダダドゥダ!!!!と見せつけられてササッと帰って行ってしまう感じ懐かしかった。


余韻ひどいっす。


来週は私的ツアー見納め!
三島行ってくるぜー!!



第1部
1.歴史
2.今はここが真ん中さ!
3.新しい季節へキミと
4.ハロー人生!!
5.デーデ
6.悲しみの果て
7.今宵の月のように
8.戦う男
9.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.今を歌え
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.四月の風
18.俺たちの明日
19.風と共に

第2部
20.ズレてる方がいい
21.奴隷天国
22.コール アンド レスポンス
23.生命賛歌
24.RESTART
25.夢を追う旅人
26.ファイティングマン

アンコール
27.待つ男

2017年6月18日神奈川県民ホール 30th ANNIVERSARY TOUR 2017 ”THE FIGHTING MAN”

北とぴあホールでのライブから約2ヶ月、神奈川県民ホールへ行ってきました!

神奈川はわが地元!(私はもっと田舎住みですが )

今まで行ったライブは全て宮本さんのお膝元、トーキョーでしたので
たとえ東京のお隣と近くても、神奈川にエレカシが来てくれるというのは興奮しました!


前回エレカシが来たのは悪魔ツアーの時だと思うので、かなり久しぶりだったんですね~!


いつもは1時間以上かけて東京へ出向いていたけど、今回は近いのも嬉しい。

こんな馴染みの場所にエレカシが来る!っていう嬉しさ。

全国のエレカシファンがそうやって地元にエレカシが来ることを喜べるんだと思うと、全国ツアーって凄い贈り物だなぁ!



さてこの日は梅雨ドンピシャで雨。
しかもかなりの雨!!


折りたたみ傘しか持ってなかった私は会場までの道ですでにビッショビショになりました。。
エレカシ晴れ男説信じすぎた…。

海に近いから風も強くて、県民ホール前で傘吹き飛ばされそうになりましたから。


エレカシは電車で来るの?車で来るの?なんて気になりつつも、入り待ちとかとくにせず、
14時半からの物販の列に20分前くらいから並ぶ。

ご当地Tシャツを買うために!!

あの前面でかでか「エレカシ」の文字のデザインに、当初は「買うわけねぇー!!」と
見向きもしてなかったんですが、
全国各地の色とりどりのご当地Tシャツの発表を見るたびに、だんだんかわいく思えてくる不思議…

そしてうらやましいと思う心…。

というわけで、わが地元に来た記念!ということでスカイブルーな神奈川Tシャツゲーッツ!!




以前に買った「白シャツTシャツ」がMサイズで私的にはしっくりきていたので、今回も特に見本を合わせてみたりせず、迷わずMサイズを買ったなら、デカーーイ!!!
一回りでかい!!

Tシャツによっても大きさって違うものなのね・・・。
ひとつ学びました。


グッズ買ったらその流れでご当地ハンコの列へ並ぶ。
私は朱印帳なしなので、チケット押印の列へ。

チケットに押せるのはご当地ハンコのみ!

朱印帳だとエレカシのハンコ2種とご当地ハンコの3種類押せます!

チケット押印の列の方が当然スムーズに進んですぐに押せました。


ランドマーク!コンチネンタル!観覧車!

朱印帳列は倍以上並んでたかな~。


全国ツアーのスタート地、大阪城ホールのときは、何でもどこにでも押し放題だったのに、いまや厳しい制限ついちゃってますなあぁ~。


でも、北とぴあのときなんて長蛇過ぎて私は押せなかったし、これもスムーズに皆が押せるようにするための策なんでしょね。


あ、でも16時くらいになって物販もハンコも一旦終わりになってました(入場後、ライブ後にまた再開)
でも入場後は開場から開演まで30分しかないから、並んでその間に押せるかも分からないし
確実に押したい&買いたいならやっぱり早めに来るのが良いかと思いました!


ぶかぶか神奈川Tに着替え、いざ出陣!



今回私は1階13列目ミッキーの前あたり、というなかなかな良席だったのですが、私の目のコンディションが悪くてちょっとぼやけてた(涙)
ちきしょ~!

でも県民ホールは広いので、北とぴあ16列目の時とあまり距離が変わらなかったような。

そしてついに始まるよ~~~!!!


登場したメンバー。

宮本さん、今日ネクタイしてないよ!
あれ、もうブーム去ったのかな?


宮本さんが成ちゃんに指差し指示し、始まった「歴史」

他の会場では手拍子が沸き起こったって聞いたけど、今回は起きず。

なくてよかった~と思いながらも(笑)
エレカシの演奏にじっと聞き入りました。

トミのドラムが入ってくるあたりから、もう鳥肌どわ~~って出るくらい、演奏の迫力と宮本さんの歌声に感動。

カッコイイ!!!

「生き様だーー!」のところは、もう何回聞いてもすっごい鳥肌立つ。



「今はここが真ん中さ!」のイントロが始まると
宮本さんが「神奈川~!!」って呼んでくれて、嬉しいぃぃいい!
テンションアーーップ!

でもその後はわりと「神奈川」よりも「横浜~!!」が多かった(笑)

横浜って言われちゃうと、「私、横浜ではないんだよな…」っていまいち自分にピント合ってる気がしないw
なので「神奈川」と言って~!
しらねーよ!w

「もう地元みたいなもんだぜ~!」って言っていて、それも嬉しかったぜい。


前回やったときは後ろの方は空いてたんですけど、今日は満員で嬉しいというようなことを言ってたけど
今回は追加で売られた立見席まで完売したんだからほんと凄いよ!
ファンが増えたって証拠だ。


「今ここ」が始まる直前に掴み取った青いタンバリンをジャジャジャジャジャジャ~~!!ポイ!っと捨て、
その後タンバリンの姿を見ることはありませんでした…(北とぴあでも書いた気がw)

動きが激しく、宮本さんもノリノリだ!
「今は神奈川県民ホールがど真ん中!!」ってめっちゃ早口!!w



一緒に行こうぜ~
どこへ?
一緒にすばらしいところへ行こうぜ~

「新しい季節へ君と」

ちょっとセリフが恥ずかしくてドキドキしたわい!

ミッキーがノリノリで弾いてる姿が目立ってた!

いつも控えめにサポートしてるイメージだから、
今回結構ノリノリでギターのストロークの動きも派手に大きめで、それを見て嬉しい気持ちに。




悲しみの果て、今宵の月のように、風に吹かれて

このポニキャニ3曲はほんとに何度聞いても最高大好き。

かすれた声になっても、そのままの力強さで押し通してくる歌声が、ココロの切なさスイッチをギューっと押される。

今回もギュインギュインに心に刺さりました。
なんと美しいんだ!
なんてまっすぐな歌声なんだ!




北とぴあの時と変わったもの!それはMC!!

話には聞いていたけど、あんなに前のめりでガンガン話してくるなんて!

スタンドからマイクをはずして、前に出てきてお客さんに喋りかける宮本さん。

北とぴあのときは、まだ曲の説明を頭の中こんがらがりながら、何とか言葉を紡いで説明してるって感じで
迷宮入りしているときも多々あったけど、
今回はかなりの饒舌宮本に進化を遂げていた!(笑)


お客さんに話しかけるように話すさまは、きみまろかい?っていうくらいおしゃべり上手で、話も面白くて声出して笑ってしまったよ。

隣の人に「もうおっかしー!!」って思わず言われたくらい(笑)
みんな大爆笑で聞いていたw

なんだこれ、エレカシのライブなの??っていうくらいなんだか凄い光景だなぁと思った。話もめっちゃ長いしw


北とぴあのときは、曲終わるごとに説明が入ると、曲で上がったテンションがいちいち下がってしまうのが
もったいないというか、もっと盛り上がりたいのに~って思ったけど、
今回、長いMCを経て演奏される1部の曲たちは、なぜかより集中して聞けたのがビックリした。

逆にあの「メロウ」に収録されてる曲たちを立て続けに演奏されるよりも、MCをはさんで良かったと思えるくらいだった。


MC中も面白い話でお客さんを盛り上げてくれてたから、テンションが下がることがなかったからかなぁ。
より盛り上がった気持ちで曲を聞けた。

宮本さんのサービス精神の凄さに感動!そこまで計算してたとしたら凄いな!!


MCは長すぎてとても書けないんだけど、話口調が優しく、距離が近く感じて嬉しかった。

「~なんだよ」とか「~なの」「~じゃない?」とか!
いつもみたいにかしこまりすぎてなくてよかった!

自然体って感じでペラペラペーラーーと喋りまくってて、
小学校の給食の時間に演説してた宮本君の演説を聞いているような気分でした(笑)



デーデの前のMCではまた、感動的なバラードでデビューしたとか言ってたっけな?(笑)
すごい真剣にウソついてらっしゃいました(笑)

CDに忠実なスピードのデーデ。
ノリにくくって(笑)コブシも掲げるの忘れてしまいました!


悲しみの果て
「契約が切れたときに、色んな人が声をあげてくれて嬉しかった。ミュージシャンとかね!
もっと言えもっと言えって思ってた」って正直!!(笑)


戦う男
「野茂秀雄っていう大リーグに行った選手がいて、俺は日本でドキドキしながら応援してた。」

翳りゆく部屋
「ユニバーサルに入ったときに、「宮本くん!!カバーをやってみないか!?好きな曲ないの?」(野太い声のモノマネw)って言われて、RCやジュリーとか、あと演歌とかも好きだったけど、さすがにそれはってやめて、(会場笑い)
松任谷由美さんの、いや別に知り合いじゃないし松任谷由美の。」ってわざわざ言い直していてまた会場笑いw




「桜の花舞い上がる道を」

北とぴあでは桜の花もいいと思えるようになってきた、みたいなこと言ってたのに
他の会場ではだんだん「桜の花が嫌い」って言ってるという話をツイッターで見ていたので

今回もその話をするかな~って思ってたんですが、桜の花~の曲前に違う話を色々話しまくっていたためか
最後何か言いかけたんだけど
「ま、いいや」って言ってやめてしまい、演奏がスタート。

演奏終わってMC挟まず「笑顔の未来へ」をやったので、もうその話題はやめたんだなぁ~と思ってたら、笑顔の未来へが終わった後に

「みんな桜好きですか??俺は全然好きじゃない!」とか急に言い出してw
やっぱりキター!!

「当時のディレクターの子?子って言っちゃ失礼か、ディレクターが
"宮本さん、桜の花の歌、作ってくださいよ~"(ここモノマネ)って言ってきて
桜の花の歌?!なんで俺が!!って思って
世の中にはわざわざ俺が歌わなくても素晴らしい桜の歌がいっぱいあるのに。
でも「いや無理無理!!」って言いながら、ほんとは嬉しかった」

らしいです(笑)

なんとかわいい人なの!


で、25周年のさいたまスーパーアリーナで凄い桜吹雪の中で歌って
なんていい曲なんだ!!って思ったって話でした。





3210が始まる前の宮本さん弾き語り

「横浜~イエ~イ、港町~~。○○があるじゃん、あるじゃん、じゃんじゃんじゃん!」と歌ってて笑った(笑)

○は聞き取れず、ツイッターでは「ボート」とか「ムード」だったって情報見ましたが!

「神奈川=じゃん」なんだな~w

東京の人は「じゃん」って言わないの?


でそのまま壮大な3210へ!
この流れは毎回ゾクゾクする…



「RAINBOW」

すごかったとしか言えないんですけど。
高音もちゃんと出てたし、お客さんも熱くてめっちゃ盛り上がった!!

何より、終わったあとの宮本さんの長いフリーズと、もんのすごい歓声!!!

フリーズしてる間に、どんどんどんどん更に歓声が大きくなってって、凄い感動的だった!!

宮本さんもそれを存分に浴びている感じだったな。

ほんとに皆のエレカシに対するあふれる思いが爆発してる感じが最高だった。

こんな大歓声をエレカシに送れることが嬉しくて!

宮本さんどんな風に感じてくれたかなぁ。




「ガストロンジャー」

”神奈川県民ホール神奈川県民ホール”をものすごい早口で言えてなくて(笑)

横浜ベイベー横浜ベイベー言ってました。
あの時間毎回笑ってしまうけど笑うとこなんでしょうか(笑)

じゅんじゅんに絡みに行ってじゅんじゅんソロを弾かせたけど、何かうまくドラムとかみ合わなくて、2回くらいやってました。

あのサポート2人に絡みに行く時間は毎回ハラハラする(笑)
酔っ払いがシラフの人に絡みに行くのを見るような気持ち(笑)
メンバーならいいんだけど!




「やさしさ」

「ポプコンっていうコンテストがあって、”ポピュラー○×◇△♪#コンテスト”なんですけど」

っていうのを繰り返して言ってて面白かったw
めちゃくちゃな感じの発音w


「成治さんの家がお風呂屋さんで、月島にあって。富士山の絵が描いてある良いお風呂屋さんで。
成治さんとトミと私でポプコンの前日に泊まった。石君はなんでか知らないけどいなかったんです。」

この話はよく聞くけど、毎回なんで石くんんはいなかったのかとても気になる~w


6人のピアノバージョンのやさしさだった。
ほんとにこの曲って17歳で作ったの?って思うほど凄いクオリティだなと思いながら聞いてた。
宮本さんのどこまでも伸びていく歌声が圧巻すぎて、もう棒立ちです。



「四月の風」

間奏の部分の手拍子は4拍に1回!

宮本さんがお手本のように、大きく頭の上で手を掲げて手拍子して、それをみんな真似してちゃんと4拍に1回手拍子してる姿がかわいくて微笑ましかった!



「風と共に」

ついに聞けたぁ~~!!フルで聞くのは今日が初めて。

「個人的に、40年前にみんなのうたではじめてのボクですっていう歌を歌ってまして」って言っていて
はじめてのボクです、って宮本さんが言った時点でもう胸熱だった!

さすがに歌ってはくれなかったけどw

「NHKの人がまたみんなのうたで歌いませんか?って言ってくれて、嬉しかったんです。
嬉しいんだからもう嬉しいって言って良いよね?」
とか言ってて、こないだのA-studioの鶴瓶の影響かな?とか思ったり。


「みんなのうたの加藤久仁夫さんのアニメーションがほんとに素晴らしくて、プロモーションビデオっていっちゃいけないのかな?
とにかくすばらしいので、今流れてるんで、調べれば見られると思うので絶対見てください!受信料払ってる人は見れるんで」
ってまた笑かすw

で、受信料ちゃんと払ってるのにBSのところに四角い表示がずっと出てて、意地でもボタン押さない!って言っててめちゃ笑った!!なぞの意地!そんな現実的な話が急に出てくるところがウケる。


アコースティックから始まる風と共に、すっごい良かった!

新しい宮本さんの言葉とメロディーを浴びると自然と泣けてしまう。

また新たな曲を届けてくれた喜びと感謝と、たくさん悩みながらも作ったんだろうなとか、考えてしまって。

初めて聞いたフルの新曲は、みんなのうたでかかっているものとは全然また違う印象で
あたりまえだけど断然フルが良いです!!

宮本さんの歌声は初聞きでも歌詞がちゃんと聞き取れるので沁みてくる。



これにて1部終了。
2部がありますと言って一旦引っ込むメンバー。



2部

「ズレてる方がいい」でスタート。

2部はMCなしで一気に激しい曲が立て続けで燃え上がる~!!
たとえセトリが分かっていても!



「奴隷天国」

この日も宮本さんに責められるのを覚悟していたけど、そんなに攻撃的じゃなくて意外。

お客さんの歓迎ムードにあまり怖いこと言えなくなってしまったのかなぁなんて勝手な妄想。

「なにうなづいてんだよ」って言ったと思ったらすぐクルっとメンバーの方向いちゃうし。


最後の締めがめっちゃくちゃかっこよかった!!

宮本さんがトミの方を向いて2人で特訓してるかのような世界で
宮本さんが手振り指示しながら、凄い速さで
ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ!ジャン!!!って凄いぶった切りな感じで終わって、
でもちゃんと皆そろってピシャーンとキレイにフィニッシュで、凄すぎてびっくりした。

思わずヒャーー!!!と声が出たほどに!




「コールアンドレスポンス」

ご承知のこととは思いますけど、かっこいいに決まってます。

「誕生以来50年!」って宮本さんが歌詞を変えて歌うたびに
エレカシの地道な歴史の積み重ねを実感して感動していた私。




「生命賛歌」

すっごいヘビメタみたいな雄たけびあげまくっていた!

「キェェェエェエエ~~~!!」って超音波なみの叫び。すごすぎる。


「好きだね!」は最前列でノリノリだった男性の目の前でキメてました(笑)

もうここからは憑依されたかのような圧巻パフォーマンスで
お客さんも引き込まれ、大盛り上がりでした。

最後の「生命賛歌よーー!」の大絶叫も見事に突き抜けてた~。ほんとに凄い。




「TEKUMAKUMAYAKON」

この曲がこんなに盛り上がる曲になるなんて発売当時はまさか思わなかった!

宮本さん、ステージをもう泳ぐようにふわふわノリノリすっごい気持ち良さそう。

左右のステージの一番はじっこまで行くのはファイティングマンが最近のお約束みたいになってたけど
今はこの曲になりましたw


2016年新春のときとか少し前は、もっと苦しそうに歌ってた気がするんだけど今は完璧!!

途中、皆に幸多かれ~~!!テクマクマヤコーン!と呪文をかけてくれました。

ほんとこの曲楽しくて大好きだー!!自然に体がノリノリです。



テクマクが終わった後、少しMCがあって。
でも凄く自然な感じのやさしい話し方で何か心が通っているかのようで嬉しかった。

「つい最近まで一番新しかった曲です!」(笑)と言って、「夢を追う旅人」。




「ファイティングマン」

30周年の垂れ幕が下りてくる。

石くんがもう凄くノリノリでギター弾いていて、
成ちゃんも前に出されて、2人がステージ前で弾いてる姿にもう胸熱!

もうお客さんの興奮も最高潮で、ほんとに今までエレカシのライブでは体感したことのないようなくらいの熱い熱い瞬間だった。

締めのときの30周年の垂れ幕と宮本さんのジャンプフィニッシュがシンクロして、感動。




最後はメンバー一列になってステージ前に出てきて、みんな腕をガシッと肩に回して
一斉に力強く深々とお辞儀!

今まではなんとなくバラバラに軽く頭を下げてたのに
今回のこのすっごい誠意のこもったお辞儀の姿を見てほんとに感動した。

そしてそのときのお客さんの割れんばかりの大歓声!

なかなか顔を上げないメンバーに会場中の歓声がどんどんどんどん大きくなっていったの、
ほんっとに感動的だった!!

こんな歓声の凄いライブは初めてです。
エレカシがこんなにものすごい歓声を浴びてるってことがもう泣けてしまった。

エレカシと私たちのお互いの気持ちがしっかり通じ合ったような気持ちだった。


「ありがとう」と言って帰って行ったその後、すぐにまた出てきて
「花男」をぶちかましてくれた!

会場中に手のひらが咲く。



曲が終わって、まだやってくれるかな?と期待満々のムードだったけど
なんだか宮本さんすっごくキョトンとした感じで、
何か言おうしてたような、でも言わず、変な感じで帰っていった宮本さん、とメンバー。


さっきがものすごい感動的なフィナーレだった分、
このあっさりすぎる何かおかしな終わり方に、会場中もあれ?って感じの空気になって、そして終わった(笑)

さっきのフィナーレで終わった方がカッコよかったのかもしれないけど、でもアンコールやってくれてよかったよ。




この日のライブは、もうどんな人が来ても楽しめるし感動するんじゃないか、って
全国、いや世界中の人に宣伝したいくらいすっごい良いライブだった。

私的にはもう流れもやる曲も分かってるんだけど、それでもまだ何度も聞きたい!って思うくらい
生の歌声、演奏は最高で感動でした!!!


今までエレカシのライブって同じ会場でも毎回違う曲をやって、セトリも全然変わってるのが定番だったから
それを楽しみに見ていたところもあって。

ぶっちゃけ、2017年の新春武道館、大阪城ホールの記念コンサートは聞きなれたベストアルバム収録の王道な曲ばかりだったので
もっとアルバム曲とかも聞きたかった私は、またかぁと少し残念に思ってたところもあった。

今回のツアーは毎回ほぼ同じセトリだから、何度も行かなくても良いかなぁなんて少し思ったのも正直なところなんだけど、
そんなことなーい!とこの日強く思った!

宮本さんの歌声はなんでこんなに感動するのか。
心にギュイーン!って突き刺さる、えぐられるような快感を何度も味わった。

それをまた味わいたい!!曲なんて何でもいいんだよ!エレカシが演奏して宮本さんが歌っていれば!
という結論になったのでした。


ほんとに絶対今のエレカシは見るべき!!!

何度でも!!


毎回たぶん、最高を更新しているんだと思う。
どれだけ凄いのだろうエレカシって。
限界が見えないね。

ほんとに毎回全力なのが伝わってくる。

これから先も見に行かねばならぬ!!!

八王子は残念ながら取れなかったのであきらめ、次は埼玉、三島に行く予定です。

その前に、野音も行きたいぞー!







第1部
1.歴史
2.今はここが真ん中さ!
3.新しい季節へキミと
4.ハロー人生!!
5.デーデ
6.悲しみの果て
7.今宵の月のように
8.戦う男
9.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日
20.風と共に

第2部
21.ズレてる方がいい
22.奴隷天国
23.コール アンド レスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン

アンコール
28.花男

2017年4月8日(土)北とぴあ 30th ANNIVERSARY TOUR 2017"THE FIGHTING MAN"

4月8日、倍率の高かったエレカシの地元北区「北とぴあ」でのライブに運良く行けたのですが、その後レポできるような余裕がなくて
こんなにもう日が経ってしまいました!

ちょうど今は新学期の時期で、ほんと我が家はいろいろいろいろ
いろいろいろいろありまして(笑)
心ゲッソリ、ストレスフルな日々で。

もう、口内炎が恐ろしくエンドレス発生するわ、頭ハゲるわ、体が悲鳴をあげていました!
心と体はほんとに直結してるんだなぁと痛感。

でもこんな不安な日々も、時間が経つと不安に慣れるというか、耐性がついていくんだから人って強いですね。
ちょっと元気になってきたので、やっとレポ書きたいと思います!もうかなり忘却のかなたなのですが…。
書いていくにつれて思い出していけたなら!







会場がエレカシの地元「北区」ってだけでやっぱりファンの皆もいつもより特別な気分!

王子駅から歩いてすぐ、迷わずすぐに北とぴあにたどり着きました。


ぶれぶれw


今回も会場ごとのスタンプを押す気満々だったのですが、私が着いた16時(開場30分前)の時点で一旦締め切られていました(ガーン)
グッズも13時から販売してたみたいですが、私の行ったときにはもう開場後にしか買えなくなっていました。




開場の16時半になり、またスタンプとグッズ販売が開始されたのですが
スタンプ一気に長蛇の列!!!




大阪城ホールのときは5個くらいスタンプがあって、各列に並べたので回転が速かったんですが
小さい会場ではスタンプ数も少なくて回転がおそーい!!
大阪城の時にはスタンプは何に押してもOKだったのが、今回からは集印帳とチケットにしか押せなくなってはいました。
が、全然列進まず!

開演は17時だったので、絶対この列に並んでたらライブ始まっちゃうでしょ!なレベルだったので、諦めて会場入りしました。

グッズは開場後はそこまで並んでなかったけど、すでに売り切れのものもあったり、今までに見たことないレベルで売れてる気がします!!さすが30周年。

エレカシの母校、赤羽根台中の同級生の方々からのお花が届いていて、凄く感動しました。
エレカシが誇りです、というようなメッセージが書いてあって
まさに俺たちの明日の歌詞のようで!!
こうやって宮本さんの愛する地元赤羽の、同級生たちがエレカシを誇りに思ってくれてることが嬉しくて。
宮本さんたちも、どう思ったかなぁ。嬉しかっただろうなあ。ウルウル。


画像クリックで、メッセージ読めると思います

大杉漣さんからもお花来ていましたよ~!



北とぴあは、ロビーや受付はまさに市民ホール!って感じのローカルな暖かさがあって、でも会場内は狭いけどとってもゴージャスな雰囲気でキレイでした!

私は1階16列目で、全体的に見たら後ろの方だったのですが、狭いので全然近い~!!
今回は真ん中らへんだったのでとっても見やすかったです。

それにしても最前列とステージの近さ!!
ロープとかそんなものなかったし、ステージのすぐ下で見れる!

最前の人、宮本さんの足しか見えないんじゃってくらい近くて驚きました。
この日は最前列に男性が多い印象でした。
同級生の方たちも見に来てるのかな~なんて思いながら。



エレカシメンバー颯爽と現れる。
「おめでとーーー!!」の声と大歓声。
今日は何よりお客さんのテンションがたかーい!!とビックリしました。
ものすごい歓迎ムード。

エレカシはみんなおそろいのスーツ。
宮本さんはおなじみになりつつあるネクタイ姿。
1曲目、宮本さんが成ちゃんを指差し始まるってことは、「歴史」!!

うひゃあああーー!
テンション上がりまくり!
オールタイムベストで改めて歴史が凄くカッコいいな!ってよく聞いてたので嬉しい。
「イキザマダァァ!!」の叫びはやはり痺れますなあ…


次の曲、「今はここが真ん中さ!」の時にはイントロでもう客席もものすごい騒ぎだし
宮本さんも「北区へようこそーーー!!」とすごいテンション高っ!
動きも激しく最初からノリノリだ!!こちらも熱があがる~!

タンバリンをワーーっと叩いてすぐにポーンと投げ捨て、タンバリンはこの日のお役目終了となりました(笑)
~してるのは誰っ!?!?のポーズも決まってたよ~。嬉しくて最高で私は終始ニッコニコ満面の笑顔で見ていました。
「今は北とぴあがど真ん中!!」


「ハローハローハロー…」とつぶやくので、「何!?まさかハローニューヨークか!?」とドキドキしたんですが
「ハロー人生」でしたW

ハロー人生!!のコーラス、石くん頑張ってた!!成ちゃんは確認できなかったけど、どうだったのだろう?
めちゃんこかっこよかった!!
でもカッコよくてこういうノリノリな曲ほど、何かホールだとうまくのれなくてもどかしい気持ち。
ってのを会場見渡してて他のお客さんからもそんな雰囲気を感じ取りました(笑)
うまくリズムに乗って手を上げれないような、どこで手をあげたらいいのやら?というかんじで。

その後のMCで、ベストに入れたくて迷った曲だったから、今日演奏できてよかった、というようなことを言ってて
これもまた嬉しい言葉でした。


デーデは、いつものノリの良いテンポじゃなく、原曲に忠実なテンポで、おそーく感じてノリにくかった!(笑)
これは速めで聞きたいなぁ。ちょっと冷めちゃう~。


この日も大阪城ホールと同じように、一曲ずつ曲前に解説をしていたんですが
悲しみの果てでは、「この間テレビで歌って、すっごく嬉しかった!」と、"すっごく!"の部分凄く強調していて
ああ、あのこの間のMステのことだあ、ゴールデンボンバーがおふざけしたすぐ後の出番で、なんか機嫌悪そうな雰囲気で
ムカついてんのかなぁなんて心配してたから、嬉しかったんだってことが知れてとっても嬉しかった。

この日の悲しみの果て、なんだかちょっとかすれ声気味に聞こえて、でも声量はもんのすごくて
発売当時の宮本さんの歌声になんとなく似ている感じがして、良かった!!凄く感動したのです。


「今宵の月のように」も凄く良くて、うっとりしてしまった。30周年で以前より染みるようになってきた。

この間放送されたシブ5時の、宮本さんが今宵を弾き語りした時のクリス松村と同じうっとりした顔で自分も聞いてることに気づいて笑ってしまったww


風に吹かれても、歌がもの凄く力強くて、もの凄くうまくて
ほんとに、歌凄すぎでしょ・・・って何度も何度も思った。
ほんっとに!!こうしか書きようがない!(泣)
宮本浩次の歌声は魅力のかたまり。


それをまざまざと見せ付けられたのが「翳りゆく部屋」
もうそれはそれは超丁寧に歌っておられて、それがとても伝わってきた。
全身であの歌声を浴びれて幸せだった、私の体が感動していました。


「桜の花舞い上がる道を」のMCでは、昔は何でみんな桜が好きなのか分からなかったけど
今は少しだけ良いと思えるようになってきたっていうようなこと言ってたような。
桜と空のコントラストが良いだとか、この会場入るところにも咲いてた、とか。

この辺記憶が飛んでいるなぁ~。

俺たちの明日では泣きました(笑)
もう、すごい現実世界で不安だらけだから、この応援歌は染みすぎるんですよねー。
がんばるよぉおぉ、私がんばるよぉぉ(涙)



2部は「ズレてる方がいい」からスタート。

最後の「ズレてる方がいいーーーーーーーー!!」
で、久々「耳割れる~~!!」って思いました(笑)
あれたまに、すごい耳つんざきそうになりませんか?w

(宮本)ドヤァアア!!
(私)参りましたーー!堪忍して!

って感じでしたw


そしたら攻めの「奴隷天国」あのイントロのドラムはテンションめっちゃ上がりますね!!
宮本さん怖かったー!大阪城のときよりも顔が見えるから余計に怖い!
このときばかりは目合うの怖いですねw オメェだよ!!と言われたら泣きますー!w


次が意外な曲で「いつか見た夢を」
おおお!?ベストにも入ってないし初めてライブで聞きました!!
CDの何倍もかっこいい!!!エレカシあるある。やっぱライブは最高だ。


コールアンドレスポンス
カッコいいに決まってる!!
奴隷天国で死ね!と言われ、コールアンドレスポンスで死刑宣告されるファンたち(笑)
死にすぎ!


「生命賛歌」からもうグイグイにテンションがあがっていって凄かった。
やっぱりツアー初日だと何の曲が飛び出すか分からないから「この曲やるんだー!!」っていう喜びが味わえて良いですね!

お客さんは表のリズムでコブシ振ってたら、宮本さんが裏のリズムで「オイ!オイ!」ってやるので
リズムうまく取れなくて戸惑った(笑)「永遠の旅人」もそうだったなぁと思い出したのでしたw

最後の「生命賛歌よー!!」の叫び、バッチリ声出てて、バケモノでした!!凄い。


その後の「テクマクマヤコン」は、この日最大のトランスミヤジになって
もう江頭のように腰ガックガクしてぶっ飛んでた!

後ろ向きでがに股の間から顔出して歌ったり(男椅子の上でもやっててグラついてハラハラ)
シャツをブッチーーーーンって引きちぎってボタンが飛んでいくの見えた。16列目からでも!

シャツ全開!!乳首をつねっていたようですが私はチェックしておらず!
もう我を忘れて歌い踊る宮本さんに見ているこっちもエキサイト!!めちゃくちゃ興奮しました。
結論は出ない~でおケツ叩いてましたwそっちのケツかーい!

そうそう、「おーおおおお~」のコーラス、成ちゃんがしていたの見逃さなかった!
成ちゃん!!がんばれ成ちゃん!
宮本さんに「いらねぇ!」と言われませんやうに、と願いながらw


「ファイティングマン」でステージの上からあの30周年の宮本さんのシルエットの絵が降りてきて、
演出に胸が熱くなりました!30周年だーー!!おめでとうーー!!
こんな粋な演出してもらって!祝福されてる!エレカシも私たちもおめでとうな気分。


アンコールは1曲だけ、「花男」でしめ!
花男って、良いよね。すごい好きだ!パっと気持ちよく終わる感じ。
「バイバーイ!」って言って去っていった。か、かわいい・・・。

ほんとはもう1回くらいいつもどおりならアンコールあるかなって思ったから
もう終わっちゃうの!って残念だったけど。しょうがねぇよな!(宮本風)


この後のツアーがますます楽しみになるような、最高の幕開けでした!(あ、幕開けは大阪城か?笑)
次は6月神奈川、いくぜー!



終わってから、なんだか2階からざわめきが。
私の位置からは見えなくて、誰か有名人が見に来てるのかな~?と思ってそのまま外に出たなら
お客さんであふれかえるロビーに突如大杉漣さんが現る!!

なぜか出口とは違う方向(会場入り口方面)へ大杉さんとスタッフの方が逆流していくので、会場から出てきてごった返すお客さんの合間ぬってく状態でw
他の方に紛れて私もずうずうしく握手してもらっちゃいました。
絶対面倒だったろうに優しく応じてくださいました。
背が大きくて、ダンディーなおじさまだった!
めちゃくちゃ腰低く去って行きました。
きっとエレカシファンに冷たい態度とってはエレカシに失礼だと思っての対応だったんだろうなぁ。

ライブ後もスタンプの列に並んだんですが、もう長蛇の列で、だんだん面倒になってきて諦めましたw
今回のツアーはどこもスタンプの列がものすごいみたいなので、覚悟していきましょう~!!
時間に余裕を。ココロに花を。






第1部
1.歴史
2.今はここが真ん中さ!
3.新しい季節へキミと
4.ハロー人生!!
5.デーデ
6.悲しみの果て
7.今宵の月のように
8.戦う男
9.風に吹かれて
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.笑顔の未来へ
13.ハナウタ~遠い昔からの物語~
14.3210
15.RAINBOW
16.ガストロンジャー
17.やさしさ
18.四月の風
19.俺たちの明日

第2部
20.ズレてる方がいい
21.奴隷天国
22.いつか見た夢を
23.コール アンド レスポンス
24.生命賛歌
25.TEKUMAKUMAYAKON
26.夢を追う旅人
27.ファイティングマン

アンコール
28.花男

プロフィール

C-chan

Author:C-chan
2014年、エレファントカシマシのライブ映像きっかけで急激にファンになりました!
普段は幼き子供2人を育てる母でもあり。
たくさんのエビバデと思いを共有したいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR